どうなる?iPhone8の重さや寸法(大きさ・サイズ)予想まとめ

今度発売が予定されているiPhoneの最新機種、それがiPhone8です。有機ELディスプレイを採用し、ボディにガラスを使用する、さらにインチ数も大きくなると期待されています。そのようなiPhone8の重さや寸法についてもさまざまな情報が世に出ています。iPhone8の重さや寸法について予測してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は重くなる?軽くなる?

iPhone8の重さについてはさまざまな情報がありますが、結局のところiPhone7とあまり変わらないのでは、と言われています。あまり重くなると片手で持つのに不便ですし、確かにiPhone8の機能は優れていていろいろな新機能が搭載されている一方で従来の部品の小型化、軽量化も実現しています。そのため、iPhone8については重さとしては従来と変わらず、100グラム台になると予想されています。iPhone7が138グラム、iPhone7Plusが188グラム程度ですから、その両者の間くらいになると思われます。

iPhone8の寸法は?どのくらいのサイズになるの?

iPhone8の寸法としては、iPhone7と変わらないか少し大きくなるのではと言われています。iPhone7が高さ138ミリ、幅67.1ミリという寸法に対し、iPhone8は若干大きくなった高さ143.59ミリ・幅70.94ミリになるのではと言われています。ちなみに、iPhone7Plusが高さ158.2ミリ、幅77.9ミリですから、iPhone7Plusよりは小さくなります。しかしながら、有機ELディスプレイを採用することによってiPhone8は薄型化に成功し、iPhone7の薄さ7ミリを下回る薄さ4ミリが実現するのではないかと言われています。

iPhone8のインチ数はどうなる?

iPhone8の寸法としてはiPhone7から少し大きくなるというほどの変化です。しかしながら、iPhone8は全画面ディスプレイを実現していますので、その分インチ数が大きくなります。iPhone7の4.7インチのものが5インチに、5.5インチのものは5.8インチに、端末の寸法を変えることなく画面のインチ数だけを大きくできます。

iPhone8の重さとしては、iPhone7とあまり変わらないのではと予想されています。iPhone8の寸法はiPhone7を少し大きくしたようになりますが、インチ数が大きくなります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
【情報総まとめ】iPhone8で噂されている大きさについて

秋ごろに発売が噂されているiPhone8ですが、今回は本体の大きさがどれくらいなのかを現在出ている情報をまとめてみましょう。iPhone8はガラス製の本体になるという噂が多く、そうなると大きさなども今まで以上になるのかという意見もありますね。実際はどうなのかをまとめてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

サイズは5.8インチ!?

以前から時期iPhoneは5.8インチ型のものが発売されるという噂がありました。それが今回のiPhone8で濃厚になってきたということですね。しかしディスプレイサイズは大きくなりますが、ベゼルレスのデザインとなるため、本体サイズは現状維持のままという噂もあります。ディスプレイが大きくなるのはアプリゲームや、動画を見る際に重宝しそうですね。

OLEDディスプレイ搭載により、本体価格が高騰化!?

大画面のOLEDディスプレイが搭載されることにより、本体価格が今までよりも高くなるという予想がされています。アメリカでの販売価格予想は1000ドル、日本円に換算して約11万円という金額になっているのです。この金額はあくまで予想であり、この金額以下になる可能性もありますが、11万円以上になる可能性もあるため、iPhoneユーザーとしては実際に発売される時、いくらになるのかちょっとビクビクだったりしますね。あまり高騰化すると、欲しくてもなかなか手が出ないユーザーも出てきそうです。しかし、iPhoneの新機種発売の時は毎回長蛇の列が出来るので、今回も入手難易度は高そうですし、手に入れられない人も多く出てきそうですね。

本体サイズは大して変わらない?

上記でも軽くまとめましたが、ベゼルレスによりディスプレイは大きくなるものの、iPhone本体が大きくなるわけではなさそうです。あまり大きくなりすぎても使いづらいだけですので、今までのサイズを維持して欲しいというユーザーの意見もありますね。ベゼルレスとなり、ホームボタンも廃止となる噂が高く、ディスプレイ下部にファクションエリアが搭載されるのではないかという話もあります。指紋センサーが埋め込み形式になる話があるので、最初は少しばかり使いづらいかもしれませんね。

今回はiPhone8の大きさについてまとめてみましたが、いかがでしたか?正式発表がされていないため偏った情報が多くありますが、ベゼルレスやガラス製の本体についてはなかなか信憑性があると思っています。実際はどうなるのか、正式発表を待つしかないのが焦れてしまいますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8はサイズ展開豊富!好みの大きさが選べる!

iPhone8はiPhoneが販売されてから10年という節目の年に開発されており、遠くない未来に販売されると予測されています。そのなかでiPhone8はガラス製のボディであり、画面の大きさの展開のバリエーションにも着目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は大きさを選べるの?

まだまだ謎に包まれている部分の多い、新たに開発が進んでいる機種がiPhone8です。しかしながら全面ディスプレイを採用したガラス製ボディはとても美しく、ファンなら欲しがるものです。そのようなiPhone8ですが、3段階のサイズがあり、そのサイズの中から端末の大きさを選べるという特色があるようです。ディスプレイ側と背面がともにガラス製になり、ホームボタンが廃止され全画面がディスプレイになり、そのデザインも従来のものよりもスタイリッシュになり、端末の形にも変化が見られます。

iPhone8の端末サイズはどのくらい?

今後発売が予定されているiPhone8の端末が、画面サイズの大きさによって3種類を選ぶことができます。現在は4.7インチ、5.5インチの2種類ですが、それに加えて5.0インチが採用されるという見方があります。また、現状と同じサイズで5.8インチディスプレイを搭載するのでは、ともいわれています。また、有機ELを採用したことからも、折り畳み式のiPhoneやデザインが曲線のものなど、サイズだけでなく形も変化する可能性があります。そのため、そのデザインバリエーションの豊富さでも注目されることでしょう。

やはり噂される2モデル展開

とはいえ、現状よりも同じ大きさで画面だけを大きくすることに成功したのがiPhone8ですので、あえて小さいサイズは発売しないのではないかという見方もあります。そのため、現在のサイズのままディスプレイサイズを4.7インチから5インチにしたもの、また、5.5インチのサイズのまま5.8インチにしたものの2モデルではないかという見方もあります。新しくSiriのデザインも予想されており、Siriが統合されたホームボタンが必要な時だけ液晶に現れるという形になると予想されます。そういうわけで、画面を大きくした展開が予想されます。

iPhone8は、ホームボタンを廃止したデザインなどから、これまでと同じような大きさでより大きな画面を搭載することができます。そのサイズ展開は3段階もしくは2打海ではないかと予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ