iPhoneXのタフネスケースとはどのようなもの?

タフネスケースはその名の通り、保護ケースの中でも耐久性と衝撃吸収性に特化した製品です。素材も衝撃吸収性を最優先して選ばれているため、従来のハードケースでは守りきれなかった強烈な衝撃による故障や画面割れの心配もほとんどありません。頑丈なだけではなく、おしゃれ度も追求。ファッション性の高いデザインのため、スタイリッシュなアクセサリーとしてもいろいろとカスタマイズして楽しめます。

/p>

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneユーザーがタフネスケースに望むもの

iPhoneXでは新機能の充実とともに保護ケースも格段に進化すると期待されています。タフネスケースは衝撃に弱いiPhoneXを長持ちさせるうえで必須のアイテムと言えるでしょう。ただし、たんに頑丈なだけではタフネスケースとは言えません。最新のタフネスケースにおいて防水・防塵機能がつけられるのはもはや当たり前であり、「iPhone=衝撃に弱い」という定説はすでに過去のものとなりつつあります。こうなるとユーザーが次にもとめるのは操作性で、そうしたニーズにこたえるかのように、本体を頑丈に保護しながらも片手で簡単に画面操作が行えるタイプやポケットに違和感なくおさまるタイプなど、機能性と両立させた製品が多数開発されています。タフネスケースが威力を発揮するのは、なんといってもアウトドアです。とくに木々の多い山道や岩場を長時間歩いていると気づかないうちに体のあちこちが岩などに強くぶつかり、その衝撃で端末が壊れてしまうことがよくあります。けれど、あらゆる角度からの衝撃に耐えられるタフネスケースであればたとえ岩場などにiPhoneXを直接ぶつけたとしても故障することはありません。防水機能のついているタイプであれば、海や湖でのキャンプにも安心してもっていくことができます。アウトドアには縁遠い方でも、お風呂で長時間iPhoneを操作するのであればやはりタフネスケースがおすすめです。アウトドアでタフネスケースを携帯する場合は屋外の雰囲気にマッチするよう、アクセサリーとしても見映えのするファッショナブルなケースを選びましょう。

今までのハードケースで充分?性能を徹底検証

初期シリーズにおいて、iPhoneの保護ツールはソフトケースかハードケースかの2択にほぼかぎられていました。大ざっぱに言えば、ハードケースの頑丈さをさらに追求したものがタフネスケース、というイメージでしょうか。おもにポリカーボネート素材を原材料にしてつくられるハードケースは表面の加工がなめらかで自然な手ざわりに仕上がっており、汗などによる汚れが目立ちにくいという点でシリコン素材よりも使いやすいと評判です、

ハードケースの進化形とも言えるのがタフネスケースです。初期の頃はたんに頑丈さを追求したものが主流でしたが、次第に防水機能などの付加価値が付け加えられるようになりました。iPhoneX対応のモデルではさらにファッション性を強化し、アクセサリーとしても端末をよりいっそうオシャレに見せてくれるタフネスケースがリリースされる予定です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ