iPhoneXとiPhone8のスペックの違い

9月に発売されたiPhone8、iPhone8plus、11月に発売されるiPhoneXはどちらも魅力的スペックをが豊富なiPhoneであり、発売日も近い事からどちらを購入すれば良いのか悩む人も多くいるでしょう。iPhoneXもiPhone8もどちらスペックが非常に高く、iPhoneXに至っては、驚きの新機能が備わっています。ここでは、iPhoneXとiPhone8のスペックなどを比較します。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXとiPhone8のスペック比較

iPhone8の見た目は従来のものと然程変化はありませんが、iPhoneXのスペックの最大の特徴は、ホームボタンが廃止され、ベゼルレスの全面ディスプレイとなった事です。画面サイズはiPhone8が4、7インチ、iPhoneXは5、8インチとなっており、iPhoneXではiPhone史上初となる有機ELディスプレイを搭載しています。

また、iPhoneXの他のスペックの特徴として、ホームボタンが廃止された事で指認証システムもなくなり、それに代わって顔認証システムが搭載されました。因みにiPhone8では指紋認証となっています。顔認証は高スペックなシステムであるため、暗い所でも顔を認証する事ができ、メガネや帽子などを身に付けていても問題なく認証されます。

しかし、共通スペックもいくつかあります。容量はどちらも64GBと256GBの2種類で、カメラの画素数は共に1200万画素、7メガピクセルとなっており、どちらもワイヤレス充電対応となっています。

iPhoneXとiPhone8のデザインの比較

iPhoneXのボディカラーはシルバーとスペースグレーの2色に対して、iPhone8のボディカラーはゴールド、シルバー、スペースグレーの3色となっています。iPhoneXもiPhone8も背面にはアルミではなくガラス素材が使用されております。しかし、サイドフレームはiPhoneXは医療用で使用されるものと同レベルのステンレスフレームが使用されており、耐久性に優れた高スペックなものが使用されています。iPhone8では、アルミ素材のままとなっています。

また、先程も述べたように画面サイズはiPhoneXは5、8インチ、iPhone8は4、7インチとなっており、iPhoneXの画面サイズは従来のiPhoneの中で一番大きいサイズとなっていますが、だからと言って本体サイズも今あるiPhoneの中で一番大きい訳ではありません。本体サイズは、既に販売されているiPhone8plusよりも小さいサイズとなっています。重量はiPhoneXが174g、iPhone8が148g、iPhone8plusは202gとなっています。

このように、外見の変化にも多少異なる点はあり、iPhoneXのスペックもiPhone8のスペックも更に進化を遂げているのがわかります。

iPhoneXとiPhone8の値段の比較

既に販売されているiPhone8、これから販売されるiPhoneXは今まで以上の高スペックである為、当然値段も高価になっています。

iPhone8は一見すると従来のものと然程異なる点はありませんが、背面は全面ガラス素材でできていて、優れたスペックを持ち合わせています。値段は64GBが85,104円、256GBが97,984円となっており、従来のものよりも高価になっています。

iPhoneXは中身も外見も従来のものとはかなり異なり、非常に高スペックで優れています。値段は64GBで121,824円、256GBが140,184円となっています。iPhone8と比較しても更に高価となっていますが、スペックが高い分当然の事と言えます。

iPhoneXもiPhone8も非常に高性能、高スペックであり、画期的なiPhoneであると言えます。

全てにおいて高スペックで革新的なiPhoneX、従来のものに近いため安心感を保ちつつカメラ自体のスペックは以前のiPhoneと然程変更はないものの、高スペックな部分も持ち合わせたiPhone8はいずれも魅力満載なiPhoneです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ