【iPhoneX】端末の乗り換えが楽になる可能性がある?!

端末の乗り換えといえば、いつもならPCやMacを使ってバックアップを取り、機種変更・端末変更、データ移行。この後の作業がまた面倒ですよね。特にWi-Fiの設定、そのたびに「どれだっけ?」と首をかしげたり、Apple IDのメールアドレスにパスワード、「パスワードは確か…」と完全通常運転になるまでがけっこう面倒です。ところが、今度からその端末乗り換えを楽にできる機能がiOS11に搭載される、とMacRumorsが報じました。iPhoneXにiOS11が搭載されるなら、発売後すぐに実践できますね。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  【iPhoneX】端末の乗り換えが楽になる可能性がある?!

自動セットアップ機能

MacRumorsによれば、iOS11には端末の設定をコピーするための「自動セットアップ機能」が用意されているそうです。
端末に表示されるアニメーションコードをスキャン、新旧端末をペアリング、画面の指示に従って進めていくことにより、言語設定や地域設定などの各種設定、Apple ID、Wi-Fi情報、iCloudキーチェーンのパスワード、位置情報設定、さらに、Siriの設定、ApplePayの設定、一通り移行できる、とのことです。

MacRumorsは利用例の動画を公開しています。内容は以下のとおりです。

1. 言語設定と地域選択が終わると「旧iOSデバイスを使って、このiPhoneにApple IDとWi-Fiの設定を行ないます。このiPhoneに旧iOSデバイスを近づけてください」という表示がでます。
2. 動画ではiPadを使用、しかし上の画面がiPhoneに表示された際、iPad側には「新しいiPhoneのセットアップ」というダイアログが表示されます。
3. iPadで「続ける」をタップすると、iPhoneとiPadはそれぞれ「待ち」状態に。
4. iPhoneの画面には青いモヤモヤが、そこにiPadのカメラにかざします。
5. iPadのパスコードをiPhoneで入力、Touch IDの設定をすればWi-FiとApple IDの引継ぎが完了されます。

この機能を使用するのに必要なのは、旧iOSデバイスとiOS11デバイス。Wi-FiやApple IDの長いパスワードやメールアドレスを入力しなくてもいい、というのは非常に便利です。一番安心で確実なのは、PCやMacを使ってのバックアップですが、上記の方法だと新旧の端末があればその場で設定ができる、というのが大きなポイントです。

機種変更前にやっておきたいこと

iOS11搭載機種より上記のように簡単に端末の乗り換えができるようになるらしく、なんとも嬉しい話ですが、それでも基本に戻って「機種変更前にすべきこと」を確認しておきましょう。

・今使用しているiPhoneデータは整理しておきましょう
機種変更前に絶対に必要となるのがデータのバックアップ作業ですが、データ容量があまりにも多いとバックアップを作成するのにも時間がかかるので、作業前にデータを整理しておきましょう。
また、iCloudでのバックアップ使用容量は5GBまで、それ以上は有料になってしまいます。
使用しているiPhoneのストレージ容量がいっぱいなら、新しく購入するiPhoneのストレージ容量にも気をつけ、もう使用していないゲームアプリのデータなど積極的にデータ整理をしておくと、移行の際もスムーズです。
・今使用しているiPhoneのバックアップ作成します
使用中のiPhoneのデータ整理が完了したら、次はバックアップです。
新iPhoneにはiOS最新版が搭載されている可能性があるので、バックアップをとる前に、今使用しているiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしておきます。
バックアップ方法は、
 ・PCでiTunesを利用してとる
 ・iPhoneで、クラウドサービス「iCloud」にバックアップをとる
 ※バックアップを取るときは「暗号化」を忘れずに!
 暗号化せずにiTunesでバックアップを行なうと、パスワード等の情報がバックアップされません。また、「LINE」などの一部アプリのバックアップには暗号化は必須、暗号化の設定をしないとバックアップされないことがあるので要注意です。
 ※iCloudを使用してのバックアップでは、デフォルトで常に暗号化されます。
 iTunesでバックアップする場合は「暗号化」することを忘れないようにしてください。
 ※データがちゃんと移行できたことを確認するまで、古いiPhoneデータは消去しないようにしましょう。
・LINEアカウントの引継ぎ設定

LINEはこれまでPINコード方式と呼ばれる方法でアカウントの引継ぎ設定を行なっていましたが、2016年よりPINコード方式を廃止、新しい引継ぎ方法を導入しています。機種変更後にこの新しい引継ぎ設定をせず「新規登録」を行なってしまうと、今までのLINEアカウントが削除、すべての情報が消去されます。まず、LINEを利用されている方は、LINEを新しいiPhoneに引き継ぐため、メールアドレスを登録しておく必要があります。購入したスタンプなどを新iPhoneに持ち越すには、このメールアドレスの登録が絶対に必要となりますので、要注意です。大事なトーク履歴を残したい方は、暗号化された状態でのバックアップ必須です。バックアップ方法は前述のとおり、iTunesでバックアップする際には自動的に暗号化されませんので、気をつけてください。

今後バックアップが簡単に出来るようになっても、基本の「しておくべきこと」は忘れない方がよいですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ