既存のモバイルバッテリーはiPhoneXで使える?

外出先や旅行中に重宝するモバイルバッテリー。iPhoneシリーズではモデルチェンジの度にモバイルバッテリーの大容量化がはかられ、「通常充電6回分」などという商品も当たり前になってきました。「モバイルバッテリーなんて充電できればみんな同じ」と思っている人も多いかもしれませんが、その考え方はものすごくもったいないと言わざるを得ません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneX初心者に知ってほしい!モバイルバッテリーの選び方の基本

モデルごとに最適な種類のモバイルバッテリーを選ぶことで充電効率を最大限に高め、本体の性能を100%引き出すことができます。モバイルバッテリーの購入にあたっては粗悪品に充分注意する必要があります。iPhoneの付属品では海外の粗悪品がとくに多く、ひどいケースでは充電中に爆発する製品も少なくないといいます。精密機器ですので、必ずPSE認証マークの付いた製品を購入するようにしましょう。なかにはPSEマークを偽造している製品もあるため、信頼の置けないメーカーの製品は買わないのが鉄則です。

用途に合わせて使い分け!モバイルバッテリーの種類いろいろ

iPhone付属のモバイルバッテリーには、いくつかのサイズが用意されています。充電容量はmAhという単位で表され、数字が大きいほど大容量の充電出力を発揮できることを意味しています。

日中のかぎられた時間に使う程度であれば1300 mAhの比較的小型なタイプで充分ですが、ビジネスで1日中フルに使ったり、旅行に持っていったりする場合は4000 mAh~12000 mAhの大容量タイプが必要になります。

容量と合わせて気になるのがバッテリーサイズですよね。旅行や遠征に持っていくのならある程度大きくてもとくに問題はありませんが、予備の充電器のような感覚で日常的に携帯するのであればiPhone本体と変わらない薄さで、ポケットに無理なく入れられるサイズのものが便利です。

iPhoneXでは容量とともにアクセサリーとしてのファッション性を重視したモバイルバッテリーが発売されると期待されており、バッテリーがひとつのアクセサリーになる時代も近づいています。

上級者にこそ伝えたい!モバイルバッテリーのこわい使い方

モバイルバッテリーは通電して使う製品のため、誤った使い方をつづけると重大な事故につながる危険性があります。とくに危険なのは過充電です。つまり、充電が完了したあとも長時間充電コードにつなぐことで、これを毎日つづけていると最悪の場合本体が爆発してしまうことがあります。そこまでの事態にならなくてもバッテリーの劣化や充電効率の低下につながりかねないため、充電が完了したらすぐにコードを抜くようにしましょう。

すべてにおいてファッション性を重視するiPhoneXでは、大容量化はもちろん、アクセサリーとしても価値のあるモバイルバッテリーが開発されると言われています。日本国内の製品であれば安全性は保証されていますが、どんなに性能の良いモバイルバッテリーでも誤った使い方をつづけると100%の効率を発揮できなくなるため、過充電などは極力さけるようにしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ