iPhoneXのLive Photos機能とは?

iPhoneXにおいても写真機能の進化が期待されていますが、iPhoneユーザーの中で支持されている新機能、それがLivePhotosです。これは、iPhone6sから搭載されており、写真が動く!ということで話題となっている機能です。iPhoneXについてももちろん使える機能ですので、知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

LivePhotosってどんな機能なの?

これまでのiPhoneと違って、iPhone6sから3DTouchという機能が使われています。3Dを液晶画面の操作と紐付けたその新機能は極めて有能ですが、カメラ機能においては、LivePhotosが着目されています。LivePhotosとは、生きている写真という言葉通り本来静止画として撮影されている写真が動き出す、という前代未聞の機能です。写真が動くのは、画面を押し込んでいるときだけで、指を離せばまた静止画に戻ります。そしてまた写真を押し込むことで動き出す、ということです。写真が動き出すことによりその情景や場面を鮮明に再現できます。大体3秒程度の画像が、パラパラ漫画のように角ばった動きをします。

LivePhotosってどのように設定するの?

iPhoneにおいてLivePhotosを設定するのは比較的簡単です。この機能を使う際は、カメラアプリで撮影するときに、ライブフォト機能が画面上真ん中のほうに出てきますので、そこでオンとオフを簡単に切り替えることができます。LivePhotosのアイコンは〇がいくつにも重なった形をしており、もともとはオフになっています。オフになっているときは「OFF」の表示が出ます。それをタップすることでオンにして撮影するだけで、この機能を利用できます。それから撮影するだけで動く写真を撮影できます。

LivePhotosでは写真はなぜ動くのか?

LivePhotosは動画ではありませんので、写真の被写体の動きまでを撮影することはできません。しかしながら、LivePhotosの機能では、撮影開始ボタンを押した前後1.5秒間の映像と音声が保存されており、それがのちに3DTouchで画面を押し込むと動くという仕組みで動きます。そのため、撮影ボタンを押した前後は少し動きを止めてiPhoneを向けておかないといけないでしょう。あらかじめ構えた状態で撮影を開始し、撮影終了後も2秒程度じっとしていると、うまく写真が撮影できます。もちろん、通常の画像データよりも容量が大きいですので、特別なときに使用するとよいでしょう。

iPhone6sシリーズから搭載されている3DTouch機能を使った撮影機能がLivePhotos機能です。撮影を構えてから実際に撮影するまでの3秒間を静止画にとり、その画像を押し込むことでまるで生きているように映像が動くという画期的な機能です。iPhoneXにおいてももちろん搭載されると思われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ