iPhoneXは車載用ホルダーに対応しているのか

iPhoneを車内で使うことが当たり前の時代になりました。その際に必須となるアクセサリーが車載用ホルダーですが、iPhoneXに対応したタイプが売り出されるのでしょうか。車載用ホルダーの種類と選び方、車載用ホルダーを使ってお気に入りのiPhoneXを何百倍も楽しむコツについてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

使い方いろいろ!iPhoneの車載用ホルダーで何ができるのか

iPhoneXユーザーにとって車載用ホルダーはもはや必須のアクセサリーともいえます。とくに仕事やプライベートで車を運転する機会が多い人にとっては絶対に買うべきアクセサリーのひとつで、たんにiPhoneXを固定する以上の幅広い使い方が用意されています。充電機能付きのホルダーであればiPhoneXをセットするだけで充電することができますし、Bluetooth対応のものであれば無線ネットワーク経由でiPhoneに保存した音楽を自由に楽しむことも可能です。また、付属のヘッドセットを購入することにより運転中にハンズフリーでiPhoneXから電話をかけることができ、もちろん電話を受けることも可能になります。カーナビアプリと連動させれば専用機器を車に取り付けなくても目的地までのルートを確認できるので初めての道でも迷う心配はありません。車載ホルダーをひとつ取り付けることによって、iPhoneXの楽しみ方が飛躍的に広がるのです。

iPhoneXを運転中に使う時の注意点

運転中でもiPhoneXを使えるようになれば、単調な通勤時間に音楽を聴いて気分を盛り上げたり、会社帰りの車内で部下と連絡を取り合い残務整理を頼んだりと、ビジネスの面でも大きなメリットがあります。ただし、iPhoneXを車内で使用する場合は運転中であることを忘れてはいけません。現行の法律ではハンズフリーによる通話に関しては運転中であっても違法にはなりませんが、運転から多少意識がそれていることに変わりはなく、通話はあくまでも渋滞中などにかぎるべきだとされています。車内での通話はあくまで非常手段であることを心得ておきましょう。

もはやただのアクセサリーじゃない!近未来型車載用ホルダーの役割

自動運転の実用化がいよいよ現実味を帯びてきました。AIとiPhone端末を連動させればさらにiPhoneの可能性が広がるのではないかとみられており、具体的な技術がすでに研究段階に入っています。身近な例としては目的地自動認識システムがあり、iPhone端末に登録した地図データをAIに読み込ませることにより、目的地をその都度入力しなくても自動で運転してくれるという機能が水面下で研究されています。あるいは音楽の再生データを逐一AIに転送しておき、聴きたい曲が聴きたいシチュエーションで流れるようになるかもしれません。カーナビアプリやハンズフリー通話がその延長線上にあると思うとちょっとワクワクしますよね。

車載用ホルダーをひとつ取り付けるだけで、iPhoneXは今までよりもさらに暮らしにとけこんだ頼れるパートナーになります。ハンドルを握りながらお気に入りの音楽を楽しむことができれば、退屈な渋滞や通勤時間もちょっとだけ楽しく感じられますよね。カーナビアプリやハンズフリーなど実用性抜群のiPhoneXを運転中もかしこく使いこなしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ