iPhoneXのカメラはカメラマン泣かせの機能が満載!

顔認証機能やデザインなど、これまでにない画期的な機能が搭載されていることが発表されたことによって、注目を集めているiPhoneXには、その多彩で新しい機能の中でも、カメラ機能には特筆すべき、プロのカメラマンもうならせる性能が搭載されています。iPhoneXには、どのような機能が追加されたのでしょうか?そしてこれまでの機種との違いをご紹介いたします。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

操作ボタン・カメラは側面へ移動

iPhoneXのカメラ機能の中でも、iPhone8 Plusと大幅に違う部分はカメラの場所です。前面の下にあったホームボタンがなくなったことから、カメラ、そしてさまざまな操作のためのボタンは前面から側面へと移動となりました。iPhoneではこれまでは指紋を認識してロックの解除などを行っていた、Touch IDを使用していましたが、今回、取り入れられた新しい機能である「Face ID」を使うことになります。Face、つまり顔認証のことです。顔でロックの解除が行えるので、アプリへのログインなども、これまでよりもずっと簡単になります。

望遠・広角カメラ

iPhoneXでは、12MP広角カメラと12MP望遠カメラが搭載されています。12MPとは、1200万画素のことを指しています。これは、A4の用紙に印刷してもまったく遜色がない画素数なのです。そして、一眼レフに匹敵する広角レンズと望遠レンズ、2つのレンズどちらにもセンサーが付いていることから、手ぶれが補正され、今までよりも幅が広い、格段に画質が高い写真が撮影できます。さらに、ポートレイトライティング機能を使うことで、被写体のみ焦点を当てて周囲を敢えてぼかしたり、人物の顔の明暗の細かな調整ができるのです。また、絞り地が1.8と大変低く、明かりをより多く取り込めるため、暗い場所もくっきりと写し出すことができます。

手ぶれ補正

iPhoneXの2つのレンズには、光学式の手ぶれ補正機能が付いており、レンズが手のぶれを感知して動き、自動で補正してくれますのも大きなポイントです。さらに、静止画だけでなく、動画撮影の点でも、iPhoneXは大変優れており、今話題の4K動画が撮影することができます。もちろんHDでも撮影でき、1080p・720pと目的に合ったモードを選ぶことができます。

スマートフォンでありながら一眼レフに匹敵、それ以上ともいわれるiPhoneX。発売が待ち遠しいですね。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ