iPhone8は無線LANで充電?!いったいどういうこと?

iPhone8には新機能が搭載されるといろいろといわれておりますが、その中でも最も気になるのは、コネクターがいらない充電です。はっきり言って意味不明に聞こえるかもしれませんが、iPhone8にはこの技術が完成し搭載されるのではないのかと多くの方々に予測されております。果たしてどのような機能なのか、本当に搭載されるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は無線LANで充電する?

iPhone8はワイヤレス充電機能を搭載するというのはかなり多くの情報筋から流れており、かなり信ぴょう性は高いといわれておりました。Wi-Fiのように無線LANを飛ばせれば充電できる素晴らしい機能といえますが、アップル製品の製造をインドで手がけている某会社でもCEOがこの機能を搭載したiPhone8が出るといった発言をしており、もはや公然とした意見のような扱いになっているのです。
それ以外にもアップル社はワイヤレス充電規格「Qi」の標準化団体に加入するという独自の動きを見せていますし、iPhone8用のQi規格準拠のワイヤレス充電用コイルといわれているものの画像が流出するなどいろいろとあわただしくなっているようです。
それ以外にも、充電関連では新開発チップで急速充電対応可能となるというお話もあるので、どうも動きが急展開する可能性すらあります。

もしかすると間に合わない?

iPhone8にこの無線LANを使った充電機能が搭載されるのはほとんど確定情報となっているようですが、この発売時期についてはいろいろと情報が錯綜しており発売と同時には出ないのではないのかといわれるようになりました。その噂の真相はアップル関連情報に詳しいブロガーのツイッター発言からきているのですが、その中に「発売はiOS11.1と同時になる」というものがあったのです。
要するに何らかの理由で発売が遅れるので、発売日には間に合わないから、ワイヤレス充電器はiOS11.1の公開とともに発売する形にしてずらすというものです。どうして遅れるのかまでは情報として出てきておりませんが、この機能は目玉の一つでもあるので、遅れるのは大きなマイナスになる予感がします。

iPhone8における目玉機能の一つであるワイヤレス充電は大きなプラス作用がありますが、ワイヤレス充電技術はQiとPMAの両方になる場合は端末コストが確実に上がるでしょうし、機体もそれに合わせて重くなってしまうでしょう。しかし、求めている人は確実に多いので、発売時期をずらすことなく同時に出せるようになることをユーザーおよびファンは強く願います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
無線LANをiPhoneXで使うには

PCおよび携帯端末向けの通信規格としては、Wi-Fiがよく知られています。Wi-Fiの進歩により、ウェブ通信網は格段に便利になりました。では、Wi-FiとWiMAXでは具体的にどこに違いがあり、どういう点でより便利なのでしょうか。iPhoneXでWi-Fi接続する場合のメリットについてもまとめています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

すでに主流になりつつあるWi-Fiの進化形

WiMAX(ワイマックスと読みます)は、Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略で、携帯電話およびタブレット端末に提供される高速ブロードバンドサービスのことです。少し長くてややこしいですが、日本語に直すと、「マイクロ波を利用した世界標準の通信方式」という意味になります。WiMAXは現在、固定無線通信規格(IEEE802.16-2004)によって統一されており、通信網拡大にむけた標準化が世界規模で進められています。Wi-Fiは無線LANの通信規格なので機能の名称ではなく、なおかつかぎられたエリアでしか利用できません。ビジネスマンの皆さんなら、喫茶店にWi-Fiスポットがあってほっとした、なんていう経験がよくあるかもしれません。その点WiMAXなら、提供エリア内(電波が届く範囲)であればどこでも利用可能です。小型で高機能のWiMAXルーターさえあれば、場所を気にせずに高速通信が楽しめるのです。Wi-FiやWiMAXは今や携帯端末の必須機能であり、iPhoneXでも当然手軽な操作で接続できる仕様になっているはずですので、初心者の方は今のうちにWi-Fiの基本をおさえておきましょう。

Wi-Fiにすると速さが違う!

Wi-FiおよびWiMAXの基本的な仕組みがわかったところで、次に気になるのは通信速度ですね。WiMAXの通信速度は、下り最大40Mbpsです。なお、3Gの場合7.2mbps、LTEなら75mbps(いずれも下りの最大値)となっています。ですから、速度の面では、LTEが勝ります。しかし、WiMAXであれば原理はWi-Fiと同じなので、データ通信量を気にする必要がありません。LTEや3G回線を使いすぎて速度制限をかけられる……なんてこともないのです。(世界中いつでもどこでも、好きなだけデータ通信が楽しめる!)。それがWiMAXなのです。

進化するWiMAX

iPhoneXの通信回線はついに4G時代に突入し、高速化・高機能化の勢いはとどまるところを知りません。その流れのなかで、WiMAXも進歩しつづけています。WiMAXのさらなる進化形ともよべるのがWiMAX2+です。現在すでにサービスが開始され、たくさんの利用者をあつめています。注目すべきはその速さ。WiMAXの場合、最大で下り40Mbpsですが、MAX2+はなんと、最大下り110Mbpsを実現したのです。WiMAXのおよそ3倍。LTEと比べても、その速さは歴然です。たとえるなら、在来線がいきなりリニアモーターカーになったようなものですから、圧倒的な速さですよね。速度だけではありません。WiMAX2+なら、通信の安定感も抜群。データ通信に特化しているからこそ、高速で安定した通信環境が楽しめるのですね。WiMAXの人口カバー率がこのままのペースで上昇しつづければ、将来的には(一家にWiMAX1台)の時代がくると予測されています。小型のWiMAXルーター1台あれば、パソコンも、ゲーム機も、タブレットもひとつの回線でつなげます。かつて固定電話が家庭の必需品だったように、WiMAXルーターが家に欠かせない存在になるのです。

現在、携帯端末の標準通信はLTEが主流です。音声通話も担えるLTEと、データ通信に特化したWiMAX。両者の弱点を補いながら、またさらに画期的な通信技術が生まれ、私たちの暮らしを支えてくれることでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ