iPhoneXと競合するだろうiPad miniがなんと段階的に終了?

最近のiPad情報ですが、新しく設計されたという額縁の狭い10.5インチサイズのものが発表されるとのうわさが流れているみたいですよ。しかしその一方、iPad miniが段階的に終了されるのではないかとのこと。いったいなぜ、そんなうわさが流れてしまっているのでしょうか。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7s Plusと競合するだろうiPad miniがなんと段階的に終了?

iPhoneXと競合し人気のなくなったiPad miniシリーズ

どうやらiPhoneXと、競合してしまっているのが原因のようですね。iPad miniシリーズは2012年に7.9インチサイズとして登場しました。大きくて重いiPadの代わりとして、コンパクトで持ち運びやすいiPad miniは、予想通りの大人気となりました。しかし5.5インチサイズで登場したiPhone6 Plus発売以降、iPhoneシリーズの人気にすっかり押されてしまって、影の薄い存在になりつつありました。そうこうしている内に、Apple社内で、自社製品を奪い合うという結果を招くこととなってしまっているようなのです。

そしてもうひとつの原因は、iPad mini4の売上の低下です。iPad mini4は2015年に登場し、これ以降新しいモデルは登場していません。当時大人気だったiPad miniシリーズの人気ももうここで終了してしまうのかもしれません。そしてこのような事態を受けて、Apple社が今後どのように対処するかは分かりませんが、このうわさから、iPhoneXが発売されれば、iPad mini4は段階的に終了することになるだろうとの観測がなされたとしても致し方ないことでしょう。

iPad mini5の代わりのiPad Proは10.5インチの新モデル

しかしこんな観測のうわさがある一方で驚くべきことに、iPad mini5の発売についてのうわさも流れていました。iPad mini5の機能は、A9プロセッサーの搭載、カメラの強化、ストレージが32GB/64GB/128GB、バッテリー容量の縮小などの機能が採用されるのではないかとのこと。3D Touchも採用の可能性があるとのこと。ところが、結局iPad mini5の発売は見送られることになり、その代わりといった具合で、iPad Proのラインナップに強化のうわさが流れてきたのです。

iPad Proは業務用途や、教員分野向けに10.5インチサイズの新しいモデルができるのではないかとのこと。しかも現在は2種類ですが、もうひとつ追加の3種類になるとの見解を示しています。すでに12.9インチサイズと、9.7インチサイズがあるところに、10.5インチサイズを加えたのは、どういう意味があったのかというと、この10.5インチサイズだけ、ベゼル(額ぶち)を細くし、本体のサイズを変えることなく、画面を大きくするためのようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ