いよいよiPhoneX発売!なぜ今になって「X」と名付けたのか?

iPhoneが発売されてから10年目を迎える今年、いよいよ最新のiPhonXが発売されます。従来のモデルはiPhone8などとナンバーが付けられていましたが、今回はXとなっています。その理由について、探っていきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXと名付けた理由

年に1回の頻度で新モデルが誕生しているiPhoneが今年、iPhoneXの発売を発表しました。今までiPhoneの名称は1から8までのナンバーがつけられていたのに、どうしてiPhoneXと名付けたのでしょうか。

今年はiPhoneが誕生してから10年目と言う節目の年であり、10周年を記念して作られたモデルになります。今まで通りであれば、iPhone10と名付けるところですが、今回のiPhoneは10周年を記念して、ローマ字英数字で10を意味するXを付け、iPhoneXと名付けられたのです。

従来のiPhone

2007年に初めて発売されてからこの10年で目まぐるしい進化を遂げてきたiPhoneですが、従来のiPhoneは一体どういったものだったのでしょうか。

初代の容量は4GBと8GBのみでしたが2008年には16GBが発売され、同年GPSなどの新たな機能が追加された3G、2009年には3GSが発売しました。3GSは処理性能が格段に速くになり、バッテリー寿命も長くなった他、3メガピクセルのオートフォーカスカメラやビデオ撮影なども可能になりました。iPhone4に至っては小型化が図られ、画面解像度は従来の4倍に広げられ、フェイスタイム用のカメラも搭載されました。4Sではsiriや800万画素裏面照射型カメラが搭載、iPhone5ではより画面が大きくなり、カメラ性能も向上、5Sや5Cでは指紋認証、iPhone6、6S、6+では画面サイズが更に大きくなり軽量化されました。5Sとサイズはほぼ同じでありながら中身は6Sとほぼ同等であるSE、カラーバリエーションが増え、光学手ぶれ補正や防水耐水性強化されたiPhone7や7plus、256GBの容量、ステレオスピーカーが強化されたiPhone8など、大きく進化してきました。そして今年いよいよiPhoneXが発売となります。iPhoneXは一体どのような進化を遂げているのでしょうか。気になるiPhoneXの性能について確認していきます。

iPhoneXの特徴

いよいよ発売となるiPhoneXの特徴で従すが、来のiPhoneと比較して大きく異なる点は、デバイスそのものがディスプレイとなっており、スクリーンのサイズは5、8インチと今までで一番大きいスクリーンサイズとなりました。またiPhoneXの全面と背面のガラスはこれまでのiPhoneの中で最も耐久性があり、フレームは医療で使用されているものと同じグレードのステンレススチールで出来ています。ワイヤレス充電器の搭載、顔認証、ニューラルエンジンの搭載など、その他にも更に機能性が向上しています。

このように、もうすぐ発売となるiPhoneXは更に進化を遂げました。これまでも様々な機能が備わっており、定期的に発売されてきたiPhoneですが、シリーズ史上最も優れているのがこのiPhoneXであります。

初代iPhoneが発売されてから10年が経ち、これまであらゆる機能が搭載されてきましたが、10周年を記念して開発されたiPhoneXは、従来のものよりもさらに進化を遂げました。

iPhoneXはより高性能で使いやすく、見やすいものになりました。視覚や聴覚に障害のある人でも全ての人が使用できるよう設計されています。もうすぐ発売されるiPhoneXは、世界で最もパーソナルなデバイスであると言えます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ