iPhoneXの量産開始がずれ込む?その理由とは?

毎年iPhone量産時期はだいたい、9月から10月頃が定例となっていますが、どうやら次期iPhoneのiPhoneX、iPhone8の生産について、今年は少し遅れそうな予感です。KGIセキュリティのアナリストであるMing‐Chi Kuo氏の情報によれば、10月から11月頃になる見通しであると、伝えています。巷では次期iPhoneの色々な噂が飛び交う中、今になってなぜ、量産開始がずれ込むことになるというのでしょうか?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

やはり新機能における、技術的な問題によるものが原因??

何故遅れるのでしょうか。それはかねてより問題視されている、Touch IDセンサーを画面に埋め込むOLEDディスプレイの技術的な問題点の克服に時間がかかっているという説があります。また、新機能パーツである3Dセンシングカメラの、生産性が低いことをあげ、KGIはApple社が要求する特殊な最先端コンポートネント(おそらくディスプレイ埋め込み式Touch IDモジュール)にも、原因があるのではないかと話しています。ただし、これらの情報は、今まで流れていたものと変わりはなく、いまさら特に驚くほどのことでもありません。

一方、iPhone8あるいはiPhone8 Plus(仮)については、予定通りの出荷ではあるが...

iPhone8あるいはiPhone8 Plusは、予定通りに出荷されると期待はされてはいますが、従来モデルの正常なアップデート版になります。それに比べてAndroidスマートフォンメーカーのSamsungや、ファーウェイ、Xiaomiは、すでに極小ベゼルのモデルを発売しており、従来のデザインのままのiPhoneを発売してしまっては古臭いイメージにとらえられてしまう恐れがでてきたと、KGIは、その不安材料について懸念しています。

これらの懸念材料よって起こりうる弊害について

出荷がずれ込むということは、普通に考えれば、Apple社の2017年度の売上に影響を与えるということです。当然ですが、売上が縮小するのはApple社の本意ではありません。ただ、従来の噂からしても、その弊害がもともと予測範囲内なのだとすると、視点を変えれてみれば全体的な売れ行きには、影響は少なくて済むのかもしれません。
どちらにせよ、例え、次期iPhoneが、予測通りの高額で発売されようと、発売がどれほど遅れようと、iPhone購入を目論む人たちにとっては、いかほどの問題でもないのです。それが入手可能な時期がやってくれば、必ず購入するだけなのですから。

出荷台数を下方修正したKGI

しかし、これらの懸念材料も念頭に置いた上で、KGIは出荷台数の下方修正を行っています。当初の予測では、2017年の全体出荷台数は、1億1000万台であったものを、8000万から9000万台としました。Apple社はおそらく、iPhoneXもiPhone8あるいはiPhone8 Plus(いずれも仮称)を同じイベントで発表されると考えられています。しかしもし、iPhoneXだけが、やや遅れて発表されることになれば、iPhone8を買い控える人たちが増えて、販売に影響を及ぼす可能性が現れるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ