iPhoneXのビデオ撮影では6倍のデジタルズームが出来る!

4K対応、手ぶれ補正とならんでiPhoneXの注目ポイントとなっているのがデジタルズームです。カメラのズーム性能はこれまでのiPhoneシリーズでもハイスペックだと高く評価されてきましたが、iPhoneXではさらにそのズーム性能が強化され、プロ並みのデジタルズームが可能になっています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

なんと6倍!進化がとまらないiPhoneXのデジタルズーム

iPhoneXのデジタルズームは史上最高のスペックを実現していると言われ、最大ズーム性能はおよそ6倍にもなると言われています。6倍のデジタルズームというと、数字だけでは具体的にイメージしにくいかもしれませんが、600m先の被写体が100m先にあるように感じられるということですから、これだけでもデジタルズームの底力がうかがえます。すごいのはズームだけではありません。もはや標準搭載となったオートフォーカスとデジタルズームを組み合わせれば誰でも簡単に超望遠の高画質映像をカメラにおさめることができます。iPhoneXのカメラ性能は、ここまで進化したのです。

デジタルズームのメカニズムを眼の仕組みから理解する

カメラの仕組みはよく、人間の眼にたとえられます。人間の場合、カメラのレンズにあたるのが水晶体です。まずはこの水晶体で被写体をとらえ、眼球をささえる筋肉が伸縮することによってピントを調整し、場合によってはズームアップを行います。眼球の筋肉が衰えた状態は近視や老眼とよばれ、被写体に正確にピントを合わせることができなくなります。人間の場合、最終的に被写体の像のぶれを調整するのは脳の役割となっています。脳は視神経から受け取った視覚情報を複雑に処理することで左右を反転させ、私たちが普段見ている現実世界にかぎりなく近づけているのです。人間の眼を模写するかたちでつくられたカメラですが、改良が重ねられた今では人間では到底追いつけないほどのスペックにまで到達し、進化の勢いは今後もとどまる気配を見せません。

デジタルズームをはじめ、あらゆる機能がいちだんと進化したiPhoneXのカメラで何を撮影するかはユーザーの自由です。目のさめるような観光地の絶景をカメラにおさめても良いし、動きの激しい小動物の愛くるしい映像を動画として記録するのも楽しいでしょう。最大6倍のデジタルズームと光学式手ぶれ補正を組み合わせれば、これまでのiPhoneシリーズでは相当な撮影テクニックが必要とされてきたピンポイントの映像も簡単に撮影することができ、ユーザーのカメラライフがよりいっそう広がります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ