「iPhone8」

!!予約受付開始!!

ソフトバンク公式オンラインショップ
▶︎【公式】ソフトバンクオンラインショップは
こちら!!
歩きスマホの事故に注意

スマートフォンの普及に伴い、歩きながらのスマートフォンの操作、通称「歩きスマホ」の事故が増えてきています。

どのような場面での事故が多いのか、また歩きスマホ対策などの情報を集めました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

歩きスマホに関するデータ

walk_img01歩きスマホに関するインターネットアンケートの集計結果によりますと。 歩きスマホをされている方の大半がメールや地図を見ているというアンケート結果が出ました。 他にもインターネット閲覧やゲーム、SNS、ニュースや動画閲覧など様々な理由で歩きスマホをされています。 同時に、「歩きスマホをやめようかと思いますか?」というアンケートに対しては過半数の型が、危ないと思い、やめたいと思っていることがわかりました。

歩きスマホはなぜ危険なのか?

walk_img02画面を見ながら歩くと、司会は手元から1.5m程度先のものまでしか見えなくなるそうで特に歩きスマホで危ないとささやかれていた『非注意性盲』と呼ばれる状態になり、周りの注意力が低下します。

これは脳が処理できる情報量には限界があり、一つのことに注意が向くと、「見えているのに認識できない」という状態になるそうです。

過去に実験で、普通に歩いている人ならば100%避けれる障害物でも歩きスマホをしている状態では10~20%の人がぶつかってしまったそうです。

これはスピードが遅い障害物の方が認識が遅れるという結果も出ていて、路上の場合、歩くスピードの遅いお年寄りや子供との接触の方が危険性が高いという結果が出た。

歩きスマホを無くすにはどうすればよいか?

walk_img03危険という認識を広めてもなかなか無くならないであろう歩きスマホですが、各キャリアではどのような対策がなされているのでしょうか?

各キャリア共に歩きながらのスマートフォンの操作を感知した場合には画面に注意勧告が出るアプリをそれぞれで提供しています。

これは、スマートフォンが歩行中と検知した場合に表示され、振動や、電車での移動中などでは検知しない仕組みになっています。

画面はソフトバンクの歩きスマホ防止アプリの画面になります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ