iPhoneXに搭載される光学式手ぶれ補正ってどんな機能?

せっかく撮った写真がぶれていたら悲しくなります。撮り直しができるものはまだいいですが、一度しか撮れない写真だったら、その瞬間が悔やまれるものです。iPhoneXのカメラには、光学式手ぶれ補正機能が搭載されているのですが、それはいったいどのようなものでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

電子式手ぶれ補正機能

写真のぶれを補正するシステムには、二通りがあります。一つは電子式といい、内部のコンピューターで処理することでクリアな写真を作り出す方法です。この方法では、カメラは自動的に写真を複数枚作成し、コンピューターで適正なものを判断し、あるいは複数枚を合成することで正しい写真を一枚一枚合成するというものです。メーカーによっては対象を設定より大きめに撮影することで、全体のぶれをなくすというやり方もあります。使う部品が少ないため、電子式手ぶれ補正機能のカメラは他のものより安価で手に入れることができますが、その仕上がりは光学式にはやや劣ります。センサーがキャッチするのがもともとぶれた画像であった場合には、補正は期待ほど適切なものにならないことがよくあります。

光学式手ぶれ補正機能

一方で、かなりぶれが修正され、クリアな写真ができるのが光学式手ぶれ補正機能を搭載したカメラです。光学式手振れ補正機能は、センサーの段階でぶれを修正し、コンピューターにはクリアな画像のみが残されます。この光学式手ぶれ補正機能にも二通りのやり方があり、一つはレンズが動いてぶれを解消するやり方、もう一つはセンサーが反応してぶれをなくすやり方です。iPhoneXに搭載されている手ぶれ補正機能は、レンズがレンズシフト方式が採用されています。レンズシフト方式では、センサーに届いた写真が、すでにぶれのない状態になっているので、より鮮明な写真を撮影することができます。

望遠カメラの手ぶれ補正機能

iPhoneXのカメラの特徴のひとつは、望遠機能が充実していることです。ズームは従来の倍になった10倍にもなりますし、望遠カメラにもこの手ぶれ補正機能が搭載されています。これまでのiPhoneには、広角カメラにしか手ぶれ補正機能はついていませんでした。iPhoneXでは、ぶれが生じやすい望遠の撮影も、きれいに行うことができます。

iPhoneXに搭載されている光学式手ぶれ補正機能は、対象をよりはっきりと映し出します。望遠カメラにもついていることから、離れた場所からでも鮮明な写真を撮ることができるようになります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ