手触り重視!iPhoneXのソフトケース

iPhone上級者はまず、ケース選びから力を入れると言います。ケースには端末の保護機能のほか、アクセサリーとしての機能があります。端末本体と調和するデザインのケースを選ぶことで、iPhoneXをよりファッショナブルに見せることができるのです。iPhoneXは過去シリーズ以上に繊細であると言われているため、画面割れをふせぐ意味でも長いスパンで使えるケースを選びましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

好みは人それぞれ!自分だけのiPhoneXケースの選び方

iPhoneケースの第一義的な役割はまず、端末を強い衝撃から守ることです。そうした観点から考えると、衝撃吸収機能にすぐれたシリコン素材のケースが有力な選択肢となります。高度な防水機能が搭載されるとはいえ、iPhoneXは衝撃に弱い精密機械です。端末の寿命を1日でも長くするためにも、衝撃に強くしかも軽量なケースを選ぶのが得策と言えるでしょう。iPhoneXではケースも格段に進化を遂げ、丈夫さと軽さを両立したタイプも当たり前に見られるようになってきました。

ケースもひとつのアクセサリー!ファッション性でケースを選ぶ

iPhone端末の保護だけがケースの役割ではありません。iPhoneXとケースはワンセットであることから若い女性の間ではとくに「ケースはアクセサリーの一部!」という意識が広がっているようです。スタイリッシュなカバーケースは端末をさらにオシャレに見せる効果があり、その人自身の自己演出のツールにもなっています。素材はもちろん、色合いも重要です。ホワイトやブラックなどのワントーンカラーもシンプルですっきりして見えますし、反対にカラフルな模様やキャラクターがあしらわれたケースも印象に残りやすく、アクセサリーとして個性を表現することができます。ブックタイプとよばれるケースであれば端末全体がすっぽりと保護されるため衝撃に強く、なおかつ画面が汚れにくいメリットがあります。さらに上級者になるとシーズンごとにケースを変えているそうです。真夏はとくに注意する必要があり、ケースに溜まった水分やほこりが端末内部に入り込まないよう定期的にメンテナンスを行う必要があります。

ケースなしの選択肢は本当にアリ?

ガラケーのイメージが未だに強いのか、保護ケースを最初から買わないユーザーも一定数存在するそうです。ケースで保護せずにむきだしのiPhoneXをそのまま使っていると、衝撃による故障リスクが何倍にも高まります。デリケートな精密機器であるがゆえに、iPhoneシリーズには衝撃から保護するためのケースがどうしても必要なのです。最新のiPhoneXでは衝撃吸収性が飛躍的に向上したと言われていますが、精密機器である以上、保護ケースが必要な点に変わりはありません。機能を過信しないことも大切です。防水機能が搭載されることが最新モデルの目玉となっているようですが、防水が機能するのはあくまでも限定的であって、仮にお湯が満杯に入った浴槽に落とせばたとえ数分間でも故障の原因になり得ます。iPhoneXの弱点をふまえたうえでオリジナリティのあるケースを選び、端末をアクセサリーとしても楽しみましょう。

iPhoneの保護ケースというと、初期の頃は端末をただ保護すればいい、という役割でしかありませんでしたが、ここ数年はケースにもファッショナブルな要素をもとめる傾向が強くなり、「おしゃれでしかも使いやすい!」というタイプがトレンドになりつつあります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ