旅行先で活躍!iPhoneXで使えるモバイルバッテリーの選び方

もはやiPhoneを使わない1日が想像できなくなっている今の時代。不測の事態にそなえて複数のモバイルバッテリーを使い分けているユーザーも少なくないと言います。最新モデルとして注目されるiPhoneX付属のモバイルバッテリーは、どの程度の充電効率が保証されるのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

これがiPhoneの真骨頂!短時間でも納得の充電効率

iPhoneにかぎらず、ユーザーの間では、「モバイルバッテリーは容量が少ないから結果として充電効率が悪くなり、全体の稼働時間もみじかくなる」というような誤解があるようです。モバイルバッテリーの仕組みは実際にはもっと複雑で、必ずしも「容量が小さいからみじかい時間しか動かない」ということにはならないのです。単純にバッテリーサイズで比較した場合、android端末のバッテリーのほうがiPhoneシリーズよりも大きく、容量にして4000mAhを超えると言われていますが、だからといってiPhoneのほうがその分だけ駆動時間がみじかくなるということはありません。それはまさしく充電効率の違いによるもので、大ざっぱに言うと、供給された電力のうち実際に利用できる割合が多いほうがバッテリーとして性能が良いと言えるのです。発火する恐れのあるモバイルバッテリーは、iPhoneの付属アクセサリーのなかでもとくに扱い方に注意を要する製品でもあります。きわめてまれではありますが、充電中の発火および爆発事故なども実際に報告されており、一般ユーザーに向けても注意喚起が行われています。充電が完全に終了しているにもかかわらず充電コードに差したままにするいわゆる過充電を繰り返していると発火や爆発などの事故のリスクが高まると言われています。大切なiPhoneXを守るためにも過充電はなるべくさけ、完全に充電されたらすみやかに充電コードからはずすようにしましょう。

選択肢はたくさん!充電できる保護ケースもあるよ!

初期のiPhoneシリーズでは、外出先などで端末を充電するツールはモバイルバッテリー以外に選択肢がありませんでした。しかしながら、この数年の間に付属アクセサリーも大きな進化を遂げ、直近のモデルからは「バッテリー内蔵型ケース」もリリースされるようになりました。保護ケースの背面に充電用バッテリーを取りつけたタイプで携帯しながら好きな時にiPhone端末を充電できる、というところに最大の特徴があります。バッテリー部分がどうしても出っ張ってしまうデザインのため、デザイン的に見劣りがするという意見もありますが、それでも、モバイルバッテリーさえ使わずに常時充電が可能になるというのはもはや近未来の発想であり、実用性もかねそなえた画期的なアイディアとして評価できるでしょう。コスト的に見るとやや割高であり、ケースだけで1万円を超えるというのはやはり、一般ユーザーにとってはリーズナブルとは言えないかもしれません。

iPhoneXにおいてももちろん、モバイルバッテリーの進化はとまりません。充電効率の向上は言うまでもなく、過充電防止など予期せぬ発火事故をふせぐ工夫も盛り込まれる見通しで、ユーザーにとってより使いやすいアクセサリーになることはほぼ確実です。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ