iPhoneXの”A11 Bionic”でスマホゲームの感覚に革命が起こる!

iPhoneXと、ほぼ同時に発表されたiPhone8/8plusに搭載されている、apple社独自の開発で生まれたプロセッサー「A11 Bionic」の機能の高さが話題となっています。その性能は、最新のMacBookを超える速さを有していることが分かりました。スマートフォンでゲームを楽しみたい人にとって気になる性能をご紹介いたします。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのAシリーズとは

iPhoneXと、iPhone8・iPhone8plusに搭載されているScO(システムオンチップ)である「A11 Bionic」は、iPhone7のA10と比べても、そしてスマートフォンでももっとも高いと言える性能を有しています。3年前のA8チップから構想が練られていたと発表されています。

appleの”A”ではじまるチップは、6つのコアで構成されていて、そのうち性能コアと効率コアと呼ばれる2つで構成されています。負荷が大きな処理の部分が性能コア、負荷が低めの処理を電力を抑えて行う部分が効率コアです。効率コアはiPhone 7・iPhone7Plus搭載のA10チップよりも70パーセント速く、性能コアは、A10チップよりも25パーセント速くなっています。

驚異的なA11 Bionicの6コア

さらに、A10チップとの大きな違いは、この合計6つのコアを同時に動かすことができる”パフォーマンスコントローラー”があることです。A10チップは、負荷の大きさに応じて、効率コアと性能コア、どちらかしか作動することができませんでしたが、A11チップは6つのコアすべてを同時に動かすことができるので、最大限のはたらきを生み出すことができます。Geekbenchのベンチマークテストの結果によりますと、A11 Bionicのスコアは、A10チップをはるかに上回り、2倍以上の性能があることが発表されています。

新機能のニュートラルエンジンとは

そして注目すべきはA11 Bionicには、新しくニュートラルエンジンと呼ばれる人工知能の一種が搭載されていることです。ニューラルエンジンとは機械学習タスクを使用するためハードウェアで、つまりAIが搭載されているのです。Face IDやAnimoji(アニ文字)の処理のために使用されます。

スマートフォンでグラフィックの高い性能が必要となる、ARを使ったゲームを存分に楽しみたい方であれば、iPhoneXはぴったりの機種だといえます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ