1,000,000:1のコントラスト比を実現したiPhoneX

apple社から先日iPhone 8、iPhone 8 Plusの発表がありましたが、間を置かずついにiPhone Xが発表されました。発売日も決定し、入手できることを楽しみにしている方も少なくないと思います。初代iphoneのセンセーショナルな発表から10年を経過し、世の中はガラケーからスマートフォンにほぼすり替わるかたちになり、求められる機能も多様化してきています。iPhoneXで注目すべき性能などを、これまでのiphoneシリーズとの比較しながらご紹介していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

全面がディスプレイ

iPhoneXの発表で、これまでのiphoneシリーズと比べても、もっとも特徴的であり、かつ劇的な変化となっているのが「前面すべてがディスプレイとなっている」ことです。つまり、これまで当たり前のようにあった、前面下のホームボタンがあった部分も、すべてディスプレイになっているのです。片手で持てることを基本として作られているスマートフォンは、どうしても画面の大きさに制限がありますが、その制限を最大限に利用した広いディスプレイとなっているのです。

5.8インチのディスプレイ

iPhoneXのディスプレイの大きさは5.8インチで、オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイとなっています。iPhone 8のディスプレイは、4.7インチ、そしてiPhone 8 Plusは5.5インチと非常に大きな画面です。iPhone 8 Plusよりも少し大きいにも関わらず、外寸ではiPhoneXの方が少し小さいのです。すっきりとしたフォルムで、かつ大きな画面なのが印象的です。

他機種と比べても驚異的なコントラスト比

iphoneXの驚異的なところは、コントラスト比が1000000:1というところです。これは、他の機種の1000倍もの高さです。コントラスト比が高いと、明暗がはっきりと映し出されることから、文字や色がクリアに見えます。さらに有機LDを採用したことから、深みがある色、鮮明な映像を楽しむことができます。そして、これまで見づらかった、天気が良い屋外でも、また照明を落として暗くした室内などでも、目が疲れにくくなっています。

高コントラスト比のiPhoneXは、大きなディスプレイとクリアな画像を臨んでいる人にとっては、待望ともいえる機種です。来るべきiPhoneX予約開始日、発売日が楽しみですね。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ