iPhoneXに搭載されているライトの種類は?

android端末にはないiPhoneならではの便利機能として、LEDライトの点灯があります。もともとはカメラのフラッシュとして搭載されているのですが、画面上の操作によって簡単にLEDライト単体で点灯させることができ、明かりがつけられない場所で物をさがしたり文字を読んだりするのにとても役立ちます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

意外と便利!iPhoneシリーズのLEDライト

LEDライトはあくまでも付属の機能のため普段はあまり意識することはないかもしれませんが、暗がりで作業しなくてはならない状況の時に重宝するのでこの機会に覚えておきましょう。

LEDライトが威力を発揮するのは、何と言っても緊急時です。とくに大きな地震で一時的に停電になったり、夜道を長時間歩いたりするような場合にiPhoneのLEDライトがあれば物理的な危険を回避することができ、精神的にも安心感が得られます。

過去シリーズではあくまでもフラッシュ機能のほうがメインでしたが、iPhoneX以降は緊急時の対応もふまえ、より強い光を長時間点灯させられるような仕様に変更されるのでは、とも予測されています。

初心者も楽しめる!iPhoneのLEDライトの色を変える方法

iPhone端末のLEDライトの色はデフォルトでは白ですが、いくつかの裏ワザを使うことで好きな色に変えることができます。iPhoneXを自分好みにカスタマイズして思いっきり楽しみましょう。

ライトの色を変える手軽な方法としては、ライトが発せられる部分を蛍光テープで覆い、テープを好きな色に塗りつぶすことで点灯する光を変色させるアプローチがあります。コストも時間もそれほどかかりませんが、誤ってiPhone本体にマジックを塗ってしまうことのないよう充分に注意する必要があります。iPhone6以降からは専用アプリによってライトの色を変えられるようになっているため、そちらの方法から試すのが確実かもしれません。

LEDライトがつかない!トラブル時にもあわてない対処法

カメラのフラッシュとしてだけではなく、緊急時の懐中電灯としても重宝するiPhone背面のLEDライト。とても便利な機能なだけに、万が一点灯しなくなった時にはあせりますよね。

ライトが点灯しない場合にはまず、iPhone端末を再起動してみましょう。たったこれだけの作業で問題が改善する場合があります。何度か再起動を行い、それでもライトがつかない場合にはiPhoneのサポートセンターに電話してみましょう。トラブルの詳細を伝えることで、一時的な不具合なのか故障なのか、あるいは単純な操作ミスなのかを正確に判断してもらうことができます。電話でどうしても解決法が見つからなければ、サポートセンターに直接持ち込むのもひとつの方法です。原因がわからないからと自己判断でむやみに端末を操作することは他のトラブルを招くことにもなりますので、絶対にやめましょう。

iPhone7でも好評だったLEDライトは、iPhoneXでも当然実装されることが予想されます。画面上での簡単な操作だけで簡単に点灯させられるので、初心者の方もすぐに使いこなせるでしょう。カメラのフラッシュ機能以外にも暗がりでの作業や緊急時の安全確保などいろいろな面で利用価値があるため、ぜひとも使いこなしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ