iPhoneXではメモリー不足が深刻になるかもしれない?!

iPhoneXは、この秋にいよいよ登場するのでしょうか。待ちに待ったユーザーたちの期待を一身に背負い、ついに発売を目前に控えたわけなんですが、今更、またも新たな問題が発生しているようです。
それは、世界各国の電気製品のメーカーが、メモリーチップの不足に備えて部品確保のために奔走しているというものです。どうやら韓国のSamsung電子やApple社には、それほどの影響はなさそうなのですが、問題は他の電気メーカーです。背に腹は代えられないとばかりに、価格に上乗せするという条件を飲んで長期契約を結んでは、部品確保を行っていたり、そのほかの手段としては、今までよりも早くに注文の確定をして、在庫をとにかく確保するというやり方で、手元のメモリーチップを増加させる努力を行っているとのこと。韓国のLG電子は、メモリーチップの供給不足のために、調達の決定を前倒しすることにした、との声名を出したようです。とにかく、メモリーチップの安定供給に、どの企業も浮足立っている状態が続いているようなのは明らかです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXではメモリー不足が深刻になるかもしれない?!

メモリーチップの製造技術の向上が原因?

この原因の最たるものとして考えられるのは、メモリーチップの製造技術の向上にあります。日に日に高度な技術を要する製造過程は、投資コストが益々拡大化していく中で、製品の歩留まりは悪化。おかげで、メモリーチップはかなり高騰し始めました。昨年と比較してみると、なんと2倍から3倍の価格に跳ね上がっているとのことなのです。
アナリストたちの中には、電機機器メーカーによっては、DRAMチップやNANDチップを確保することができないために、新製品の搭載に影響が出てきている、と話すものもいるようです。ちなみに簡単に説明すると、DRAMチップというのは、複数の処理を同時に行うときに使うもので、NANDチップというのは、NAND型フラッシュメモリと言い、長期のデータを保存するのに必要なもので、スマートフォンやタブレット端末などで、使用されます。

深刻なNANDチップの不足はiPhoneXの発売にも影響を及ぼすのか?

チップのメーカーのサイドからも、これまでの短い期間での契約から、半年やそれ以上の契約を高い契約金で取引を行うというやり方へと様子は変わってきているとのことです。
そして、メモリーチップの市場では、NAND市場での影響は甚大であると、関係者たちは打ち明けています。NANDチップは、iPhoneが需要源となっているために、より懸念される原因のようです。次期iPhoneXの発売は、通年と同じ9月だとしたら、もう目前ということになりますよね。
実はNANDチップの1年間で供給されるうちの約18%はApple社が買い上げているとのことで、各電機メーカーはこれを避けるために毎年、前半の内に在庫の確保を行っているのですが、今年は前半ですでにメモリーチップの不足が発生してしまったとのことで、多くのメーカーが大慌てとなった次第のようです。
今年はiPhoneにとって10周年を記念した特別な年です。iPhoneXは通常よりも多く出荷される可能性が大いにありますので、これが事実だとすればメモリーチップの不足はますます深刻になってくるのではないでしょうか。iPhoneXの発売に影響があるのか、心配なところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ