iPhoneXの発売に先駆けて海外スターバックスが対応しようとしている事とは?

もはや、iPhoneの勢いはスマートフォン業界にとどまるものではありません。iPhoneXの注目度は世界的に高く、海外に広く店舗を展開するスターバックスではiPhoneXの正式リリースに先がけ、店内の無線充電サービスの規格をiPhoneXのものに切り替える方針であるとの情報が流れてきました。スターバックスが無線充電に本格対応することによって、ユーザーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

打ち合わせ中にさりげなく充電!スターバックスが変えるiPhoneライフ!

カフェやレストランでの無線充電自体は、実はそれほど目新しいことではありません。むしろ、海外の大都市圏ではiPhoneなどのスマートフォンを無料で充電できる無線ネットワークが整備されており、どこでも気軽に無線充電できる環境が当たり前になりつつあるのです。そのような時代にあって、大手カフェチェーンであるスターバックスがiPhoneX用に無線充電規格を統一することは業界を超えて大きな意味をもち、今後のスタンダードになる可能性を大いに秘めた英断であるとも言えます。将来的にすべてのスターバックスで無線充電が可能になれば、個人用のワイヤレス充電器をわざわざ購入しなくてもカフェに寄るついでにiPhoneXを充電する、ということも可能になり、ユーザーのライフスタイルにも大きな影響を与えると見られています。

ユーザー大注目!日本国内のスターバックスの動きは?

海外のカフェチェーンではすでに浸透しつつあるiPhoneの無線充電ですが、現在のところ日本国内のスターバックスで同様のサービスが行われる気配はありません。これだけを見ると海外に遅れをとっているようですが、国内でもカフェやレストランでWi-Fi環境が整備されはじめていることを考えると、日本のスターバックスで無線充電サービスが当たり前になる日も意外と遠くないかもしれません。一部では、iPhoneX対応の無線充電が日本でなかなか浸透しないのはワイヤレス充電器を普及させたいAppleの思惑があるからだとの噂もありますが、さすがにそれは都市伝説と考えて良いでしょう。

海外のスターバックスではスタンダードになりつつあるiPhoneXの無線充電。日本国内での普及率はまだまだ低いのが現状ではありますが、ファミリーレストランで全国的にWi-Fi環境がととのえられていることを考え合わせると、国内のスターバックスやその他のカフェチェーンでごく普通に無線充電が行えるようになる日も案外近いように思えてきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ