iPhoneXで搭載されると噂のAppleが取得した新技術とは?

Apple社が開発するシステムについての新しい噂が、またもや流れてきました。それは、指紋認証センサーをディスプレイの下に搭載させるという、新たな特許を同社が取得したとのことで明らかになったようです。そしてその技術は、次期iPhoneの発売が予想されている、iPhoneXに搭載されるかもしれないというのです。

 

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

次世代iPhoneに向け、新しい技術の、特許取得に余念なく?

特許情報には定評のある、ニュースサイト、Patently Appleからの情報です。Apple社は、バイオメトリックセキュリティ技術の企業Privarisが所有する大量の特許を取得してきました。その特許を利用して、さまざまなシステムの開発を行ってきたのですが、Touch ID(指紋認証センサー)をディスプレイの下に搭載するというシステム開発もそのひとつです。そしてApple社はまた、その指紋認証センサーにおける新たな技術の特許を取得したとのことです。Apple社の同技術の特許取得は、これで3件となります。

ちなみにPrivarisは、キーホルダーサイズの持ち運びしやすい、指紋リーダーの技術開発をしている企業です。またそれに加え、iPhoneのTouch IDセンサー(指紋認証センサー)へ転用することが可能な特許をたくさん所有していたことでも知られています。

例えば、Privarisの特許は、タッチスクリーンと指紋認識が同時使用できるという技術について関連するもの。またiPhoneで指紋認証を行い、リーダーにiPhoneをかざすことで、ドアを開けることができるという技術の開発も行っています。Privarisの特許を構成しているのは、商取引を行うための処理、機械を制御や個人データのバックアップ処理のために、指紋リーダーとタッチスクリーンを利用するものが、大半を占めています。

この新しい技術での指紋認証の方法について、現在採用されているのは静電容量式ですが、iPhoneXで採用されるのははそれとは異なり、超音波によって測定するタイプになりそうです。

iPhoneXで、Touch ID内蔵のディスプレイ搭載は実現する?

2017年に発売が予想されているiPhoneXは、今まで、かたくなに採用され続けていた物理的なホームボタンをついに廃止し、Touch IDセンサー(指紋認証センサー)をディスプレイに内蔵させるのではとの噂が流れていましたが、この新たな特許取得によってiPhoneXの採用の可能性が、より現実味を増してきたようです。また米メディアのCNNによると、指紋認証センサーがディスプレイに内蔵されると、iPhoneXを持ち替えることなく、片手操作でApple Payの決済をすることができるようになる、とのコメントを出しています。

デジタル運転免許証が、アプリで保持できるようになる?

今回、特許の取得情報によって、また新たな技術の開発についても、明らかになったことがありました。それはApple社が、生体認証個人特定モジュール( BPID:Biometric Personal Identification Module)の技術開発に力を入れているということです。iPhoneXへの採用はとうてい間に合いそうにありませんが、将来的に、iPhoneと個人情報を関連させることで、デジタル運転免許証をApple Walletのアプリによって保持することが可能となるかもしれません。運転免許証が紙媒体でなくなるというのは、他国ではすでに採用されているところもあるようですが、何だか夢物語のように感じられます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ