フリーズしたiPhoneXはどう対処すればいい?

職業柄たくさんの取引先と連絡を取り合う人たちはよく、万一のフリーズにそなえて複数の携帯端末を保有して状況に応じて使い分けています。複数のiPhoneをもっておいたほうが良いと言われるのは、どのような理由からなのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

フリーズ用にiPhoneを2台以上もっておく

プライベートで使うならまだしも、大切なビジネスの場で「iPhoneがフリーズした!」というようなことになったら取り返しがつきませんよね。仕事のできるビジネスマンほど複数のiPhone端末を状況に応じて使い分け、データのバックアップ用として保管しているようです。Appleとandroidではそれぞれクラウドサーバーが違いますから、iPhoneX以外の端末を同時に保有しておくことで万一どちらかのクラウドにトラブルが起きたとしてもデータが全滅する心配はありません。iPhoneをビジネス専用に使っている人はよく、まったく同じデータをandroid端末のクラウドに保存してバックアップとして利用しているようです。

携帯端末を複数所有する場合のコスト比較

万一のフリーズにそなえて携帯端末を複数台保有するということは、単純に考えればコストが2倍にふくらみそうですが、実はそうではありません。契約プランによっては同時期に2台以上購入すると月々の利用料金を割り引いてくれる場合もあり、そうしたサービスを上手に組み合わせることによってトータルコストを最小限に抑えることができます。また、サブのほうの端末を完全なバックアップ用として使うのであれば、iPhoneX以外は機能やスペックを最低限にとどめた安価な機種を選び、バックアップ用として使うのもかしこい方法です。端末そのもののスペックは低くても、利用できるクラウドサーバーの容量は基本的に変わりません。ただ、たとえ細かいテクニックを駆使したとしても携帯端末を同時に複数台所有するにはやはりそれ相応のコストがかかります。費用面でもったいないと感じるかもしれませんが、大切なデータを守るための必要経費ととらえればそれほど負担にはならないと言えるでしょう。

検証!バックアップ以外に端末を同時所有する人たち

バックアップ用として携帯端末を複数保有するケースは、ビジネスの世界ではめずらしいことではありません。端末をいくつか保有することは言ってみれば大容量記憶装置が増えるようなものですから、仕事上日々膨大なデータを処理しなくてはならない立場の人にとってはむしろ、端末をふたつ以上もたないことのほうが不思議に感じられるようです。仕事ではなくても、単純にiPhoneX以外のOSの操作性や機能、スペックを皮膚感覚で体感したい人も端末を複数所有する傾向があるようです。若い世代の間では固定電話を置かないかわりにスペックの低い携帯端末を「自宅専用電話」としてつねに家に置いておき、日常的に使うのはハイスペックで機能充実のiPhoneシリーズ、という使い分けが主流になりつつあるようです。几帳面な人では、職場、プライベート、友人、などのように関係性のカテゴリごとにそれぞれ違う端末を割り当てていて、どの端末にどんなデータが保存されているのかをすべて正確に把握しているケースもあるそうです。

iPhoneが突然フリーズしたら、あわてずに専門店に持ち込みましょう。古い端末の場合は寿命の可能性もありますが、新品の場合はウィルス感染も考えられるため、ハードウェアをクリーンアップする必要があるかもしれません。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ