デベロッパーのアイデアに脱帽!iPhoneXの出っ張り部分をどう対処したのか?

iPhoneXにはデザイン面でもスタイリッシュなギミックがいろいろと取り入れられていますが、数少ないネックとよばれているのが画面上部の出っ張り部分です。iPhoneXではその仕様上どうしても画面上部からディスプレイにむけて数ミリ程度の出っ張りができてしまい、動画やゲームを楽しむ際に視覚的に邪魔になるのではと懸念されています。果たしてiPhoneXでは、デベロッパーのアイディアによってこの出っ張りをどのように解消しているのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

出っ張りは極力目立たせない!視覚効果で画面もすっきり!

出っ張りを隠す方向のアイディアとしては、画面上部のステータスバーと視覚的に一体化させ、あたかも最初から出っ張りが存在しないかのように見せるものが主流です。この方法だと視覚効果によってステータスバーとディスプレイとの境界線をくっきりと目立たせることができ、結果的に動画やゲームの映像をより鮮明に映し出せるメリットがあります。この方法はiPhoneでステータスバーがはじめて採用されたiPhone4で試みられたもので、iPhoneXでも充分応用が可能です。ただし、この方法では物理的なディスプレイの活用領域が広がらず、せっかくの最新スペックを活かしきれないというデメリットも指摘されています。

出っ張りをあえて活用!デベロッパーのあくなき挑戦

勇気あるデベロッパーたちは、iPhoneXのネックである出っ張りをあえて活用し、プラスに変えるアイディアを日夜研究しているようです。具体的には、出っ張り部分に沿うように画面をスクロールさせたり、出っ張り部分をゲーム内のギミックに取り入れたりするなど、それぞれのデベロッパーが思い思いの方法でiPhoneXのウィークポイントと向き合おうとしています。それはたんに、iPhoneXのマイナス面を改良し、より使いやすくするための事務的なプロセスではありません。デベロッパーはiPhoneXの開発に携われることに喜びを感じつつ、まったく新しい価値を創造できる可能性に興奮を覚えながら、プロフェッショナルとしてのプライドをかけて、出っ張りの活用法について試行錯誤を積み重ねているのです。

iPhoneXの出っ張りがこれだけネックになることは、Appleとしても大きな誤算だったのかもしれません。本体そのもののデザインはさすがに変更できないため、あとはデベロッパーの創意工夫によって予期せぬウィークポイントを解消するしかありません。どのアイディアが採用されるにしても、デベロッパーの必死の試行錯誤を噛みしめつつ、新モデルのiPhoneXを思う存分楽しみたいものです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ