iPhoneXの画面サイズは20%以上拡大?

iPhoneにとって2017年は、iPhone登場から10周年の、記念すべきメモリアルイヤーとなります。それを記念として行われるのが、毎年恒例の最新機種に付けられている、ナンバリングの法則の変更です。今までの流れを変え、“無印→s”をやめて、「iPhoneX」ではなく「iPhone8」にするのではないかと、見られているのです。

 

その他にも、今までには見られなかった、画面のディスプレイのデザイン変更や新機能の追加など、様々なサプライズが用意されているようです。期待がふくらむ中、リークされた試作品設計図や、アナリストのレポートを参考に、最新機種iPhoneXあるいはiPhone8について、あれこれ探ってみましょう。

 

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの画面サイズは拡大する?

さて早速ですが、有力アナリストによってリークされた試作品設計図にもとづいて、デザインの違いを確認してみると、まず全体の形としては、iPhone7と同じのようです。しかし上部のフロントガラスの部分や、ホームボタンの部分のベゼル(額)が、スリム化されているため、自ずとディスプレイの画面サイズが拡大されます。その比率は20%以上と見られていて、実現すれば、使用する際、今までとの大きさの違いについて、かなり実感を伴うことになるでしょう。

また、指紋認証センサーのTouch ID(タッチID)は、ディスプレイの下に埋め込むと見られていましたが、背面にあるAppleマークの真下に、配置されることになる可能性があるとのことです。

新型iPhoneの発売日はいつ?

iPhoneの発売は周知の通り、毎年恒例行事のようになっています。今回のiPhoneXあるいはiPhone8も同じなのでしょうか?

iPhone7の発売日は2016年9月でした。iPhone6は2014年の9月。そして、この両方とも、試作品設計図がリークされた時期は3月中旬であった、ということから推測してみると、今回のリークの時期が同じく、3月の中旬であったということを鑑みて、やはり、9月か10月頃に発売されるのではないかと予測できます。この辺りは、例年通りとなるのではないかと考えられています。

アナリストが発表したレポートの確認

iPhoneXあるいはiPhone8については、試作品設計図リークのあとの、アナリストが発表したレポートを確認してみましょう。

「極小に抑えた4mmのベゼル」「Touch IDは背面、全面の2通りの試作機によるテスト」「ディスプレイの下に埋め込まれたフロントカメラ」「縁はわずかにカーブされている」など、新しい機能やデザインについてアナリストもこのように言及していますので、かなり現実的に期待が持てるのではないでしょうか。

他の新機能について

iPhoneXあるいはiPhone8の他の新機能については、ワイヤレスの充電機能や、3D機能搭載のフロントカメラなど、噂もまことしやかに囁かれており、まだまだ今後の新しいリークにも期待が高まります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ