記念碑的モデルと呼ばれるiPhoneX、その理由とは?

iPhoneXはAppleにとってひとつの記念碑とまで言われています。それはたんに、初代iPhoneのリリースから数えてちょうど10年目にあたるという単純な理由だけではありません。iPhoneXが業界からもユーザーからも記念作品として注目される背景について解説します。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

AppleがiPhoneXにかける意気込みとは?

事前リーク情報を総合してもわかるように、iPhoneXのリリースにかけるAppleの意気込みは尋常ならざるものがあります。そこにはもちろん、初代iPhoneから数えて10年目の節目という意味合いもあるのでしょうが、それよりもさらに深い、「iPhoneXが失敗すればもうあとがない」というプレッシャーまでユーザーとしては感じるのです。それは、最新式ワイヤレス充電やAR対応インカメラ、「Face ID」な土未知の機能を共存させる苦労にも通じるものがあり、水面下での試行錯誤が数年単位にわたってつづけられてきたことを私たちは知っています。iPhoneXにかけるAppleの意気込みはネーミングにも表れています。iPhone8の後継機ですから通常であれば「iPhone9」などのネーミングになるはずなのに、あえて9をとばして10、なおかつXを「テン」と読ませるあたりはApple一流のユーモアさえ感じさせます。Xには未知数という意味もあり、iPhoneの可能性はまだまだ未知数である、という意味が込められているとの解釈もあるようです。

まさか保険?iPhone8との同時リリースの真相は?

iPhone8との同時リリースが予定されているiPhoneX。iPhoneXの新機能を目立たせるためにはiPhone8とは独立してリリースしたほうが効果が高いようにも思えますが、どうやらAppleの思惑は別のところにあるようです。うがった見方をすれば、iPhone8との同時リリースは「iPhoneXが万一受け入れられなかった場合の保険」としてとらえることができ、現に、iPhoneXの性能を見きわめるまでのつなぎとしてiPhone8を先に購入するユーザーも多いようです。iPhone7のマイナーチェンジにとどまり、「新しいけど古い」印象のあるiPhone8を同時リリースすることで、AppleとしてはiPhoneXの真価を見極めようとしているのかもしれません。

iPhone8とXの同時リリースは、コアなiPhoneユーザーにとっても大きな衝撃だったようです。記念碑的作品とも言われるiPhoneXをAppleがあえて8と同時にリリースするということは、Xの評判次第ではまた8のような旧型モデルに切り替わる可能性があるということです。ユーザーは知らず知らずのうちにiPhoneの進化という歴史的な瞬間に立ち会い、また、新旧どちらのモデルを支持するかの選択をせまられているのです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ