好みに合わせられるiPhoneXの手帳型の種類の豊富さ

iPhoneXの保護アクセサリーとして注目度急上昇中の手帳型ケース。ハードケースやソフトケースと違い表面を覆うカバーがついているため、液晶画面を画面割れのリスクからほぼ完璧に守ることができます。素材次第で衝撃吸収性も大きく変わってくるため、過去のiPhoneシリーズをしょっちゅう地面に落として壊してしまっていた人にはおすすめです。本体のデザインと上手にカラーコーディネートをすればオシャレなアクセサリーにも早変わり。どんなシチュエーションでも自慢できるiPhoneXにカスタマイズすることができます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ポケットにもおさまりやすい手帳型ケース

本体背面だけでなく液晶画面側にも保護カバーがついている点が手帳型ケースの最大の特徴です。ブックタイプと呼んでいるメーカーもあり、遠目にも手帳のようなデザインのため、電車の中でさりげなく使うといかにもオシャレな本を読んでいるかのような印象を与えることができます。ソフトケースやハードケースでは本体背面を保護することはできても液晶画面はほぼむき出しのため、画面割れなどをふせぐことはできません。また、端末をすっぽり覆ってしまうシリコンケースだと滑りにくくていざという時に取り出しにくい、と感じる人にも手帳型ケースはおすすめです。手になじみやすい軽量素材をもとにつくられているため、普段はコンパクトな保護ケースとして使い、必要な時にだけカバーをしっかりと閉じて傷つきやすい液晶を強い衝撃からガードすることができます。カラーバリエーションも豊富に用意されており、量産品のPET素材から高級感漂う本革製品など、年代や性別に合わせた使いやすいものを選ぶことがきっと見つかります。

iPhoneシリーズの手帳型ケース、どんな人が使ってる?

手帳型ケースの長所はたんに「衝撃からiPhoneXを守れる」というだけではありません。iPhoneの液晶画面には、静電気の影響で気づかないうちにまとまったほこりが付着しているものです。また、購入時から保護シートを一度も交換しないでいると指紋汚れが目立ちやすくなり、人前で操作するのが恥ずかしくなったりします。その点、手帳型ケースであればiPhoneを使っていない間カバーを閉じておけばほこりがつく心配はありませんし、画面の汚れを上手に隠すことができます。デメリットとしては第一に収納性が挙げられます。カバーは画面保護に役立つ反面、ポケットにしまう時や端末を使う時にその都度カバーを開けなくてはならないため、普段からゲームや動画などで頻繁にiPhoneを操作するユーザーにとっては多少使いにくく感じられるところがあるようです。また、カバー付きである以上全体のサイズがややかさばってしまうのは致し方のないところで、通勤電車などでコンパクトに操作したいシチュエーションでは保護カバーの処理に困ることがあり、この点が他のケースにはない難点と言えるでしょう。素材のなめらかさはソフトケースなどでは決して体感できない長所であり、カラーコーディネートを工夫することによってオシャレなアクセサリーに変えられるところも魅力のひとつです。

手帳型ケースは保護アクセサリーの主流になりつつあり、素材やカラーバリエーションも年々豊富になりつつあります。無難な色でまとめるか、あえて奇抜なカラートーンでアクセントをつけるか。センスに合わせて自由自在にアレンジしてみましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ