iPhoneXはあなたが注視しているタイミングを見計らって賢く機能してくれる!

iPhoneXから本格搭載された「Face ID」は新世代の認証システムとして世界的に注目されている新機軸です。画面を見つめるだけでアンロックできるのは手間がかからず便利である一方、誤作動などの懸念が残されています。iPhoneXの「Face ID」のメカニズムを検証しつつ、その安全性について解説していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

誤作動の心配なし!暗いところでも認証可能!

iPhoneXの「Face ID」は、従来の指紋認証に代わる次世代の認証方式としてiPhoneユーザーから注目されています。ディスプレイを数秒間見つめるだけで端末をアンロックできるその手軽さは、一度使った人でなければ体感できないでしょう。明るいところはもちろん、照明の薄い暗いところでも問題なく認証でき、また、ユーザーが自分の意志で画面を見つめているとき以外には認証が行われないため、予期せぬタイミングで誤作動する心配もありません。「Face ID」では登録されたユーザーの顔を3万以上の細かいドットの集合体に分解し、それを内部でつなぎ合わせることで認証情報として使用しています。自動学習を採用しており、メガネやゴーグル、マスクを着けた状態でもスムーズに個人を特定することが可能です。

セキュリティは大丈夫?「Face ID」の気になる安全管理

「Face ID」の標準搭載によって、ユーザーの顔が究極の個人情報になる時代がおとずれました。ユーザーとして気になるのはやはり、セキュリティ情報の管理ですよね。iPhoneXでは顔情報の称号のため、登録したデータを特定のフォルダに保管します。そのデータはあくまでも顔認証にのみ使用されるもので、端末から外部のネットワークに送られることはありません。また、iPhoneXではパスコードによる本人認証もあわせて採用しており、「Face ID」での認証に不安があるのであればパスコード認証に切り替えることも可能です。ただし、アンロックの度にパスコードを入力する手間を考えれば、長いスパンで見ればできるだけ早い段階で顔認証に慣れておいたほうが良いかもしれません。

「Face ID」ではユーザーの顔を3万以上のドットに分割することでより正確な個人認証を実現しています。照明の薄い夜間でも問題なく認証が可能であり、なおかつマスクやメガネで顔の造形が変わっていても端末をアンロックすることができます。セキュリティ対策が幾重にも施されているため、顔という究極の個人情報が悪用されるリスクもほとんどありません。パスコード方式と併用しつつ、顔認証システムの便利さに慣れていきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ