スマートフォンのスマートさはここまで来た!iPhoneXの毎秒最大6,000億の演算処理能力

顔認証やARなどの目新しい機能もiPhoneXの注目ポイントではありますが、それ以上に特筆すべきはシリーズ史上最高レベルの演算能力でしょう。iPhoneXは複数のコアによって安定した超高速演算を可能にしており、そのスペックはPCにも匹敵するほどだと言われています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの超高速演算が支える画期的な新機軸

AR、顔認証、おサイフケータイ、デュアルカメラ……。iPhoneXには多くの新機軸が盛り込まれていますが、そのほとんどを根底の部分でささえているのは限界まで高速化された演算処理システムです。どんなにスペックの高い新機能を搭載しようと思っても根本的な演算能力がそれに追いついていなければ機能を正常に起動させることはできません。言い換えれば、たくさんの新機能を詰め込んでもなお充分な余力のあるiPhoneXはフルスペックの演算処理能力をそなえていると考えることができ、今後もまだまだ進化の余地があると評価することができるのです。単純に演算処理を高速化したことが画期的なのではありません。超高速の演算を毎秒単位で繰り返してもなお端末を正常に起動させる高度なシステムこそ注目されるべきであり、Appleの真骨頂が表れているのです。

話題の超高速演算!人間の脳にたとえると

CPUはしばしば、人間の脳にたとえられます。演算とは簡単に言えば計算のことで、iPhoneXの内部では複雑な計算を超高速で繰り返すことでユーザーの望む結果を返しています。人間の脳もまた状況にあわせてつねに計算処理を繰り返し、運動をしたり文章を書いたり、芸術作品を楽しんだりと、人間らしい暮らしを保っています。計算処理という一点において人間の脳とCPUは共通していますが、両者にはある決定的な違いがあります。最新の研究によると、人間は一生のうちで3割ほどしか脳細胞を活用していないことがわかっています。ごく単純化して言えば、人間の脳細胞のうちつねにフル回転しているもののみをぎゅっと凝縮したものがCPUであるとも考えられるのです。もともとは人間の脳をモデルにして設計されたCPUですが、現在では独自の進化を遂げ、人間の脳のはるかに超えた高度な演算処理を可能にしています。

超高速演算に対応したCPUによって、iPhoneXのスペックは保たれています。その処理能力たるや人間の脳の限界をはるかに超えたレベルであり、その進化は今後のiPhoneシリーズでもまだまだつづくだろうと世界的にも期待されています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ