iPhoneXでノイズが入ってしまったら

新しい機種を購入した際に気になるのが不具合や初期不良です。ネット上でもそれらのトラブルというのは探せば探すだけ次々に出てきます。そこで、今回はこれから発売予定となるiPhoneXでノイズトラブルが発生した時にどうしたらいいのかを考えていきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7ではノイズトラブルは実際にあった

現在の最新モデルであるiPhone7ですが、このiPhone7においてもノイズトラブルはありました。原因は色々とあるようで、それに合わせた対策も記載されているようですが、対応する側は色々と四苦八苦されていたようです。

例えば、画像が綺麗な容量をたくさん使うゲームなどの高負荷となるアプリを実行中しているとノイズが大きくなるというものがありました。この時、ノイズ以外にも高熱になってしまっていることでバッテリーの減りも異常に早くなっていたようです。

このような状態になっている人の暫定的な対策として有名になったのが再起動です。パソコンでもそうですがとりあえず調子が悪くなったのなら再起動するという理論がiPhoneにも通用しています。人によってはハード不良ということでメーカーサイドと話し合いになり交換対応された人もいるとのことです。

iPhone7時には原因追及もかなりされている

先ほどの高負荷条件でのノイズ発生トラブルですが、多くの方々が体験していたようでその原因追及と対策はネット上でもかなりの話題となっており、多くの方々が参考にしていたようです。iPhone7での高負荷環境でのノイズトラブルの原因はCPU部分から聞こえていたということで基盤の裏側のコンデンサと推測されておりました。

基本的にコンデンサが音を発することは無いのですが、電圧による振動によってノイズ音に繋がってしまったと言われており、ハードウェア側の問題であると考えている人も大勢います。何らかのソフトが原因で発生するトラブルではないのでアップデートなどの対応で改善することはできず、機種交換を行うことで対応していました。

つまり、iPhoneXでもノイズトラブルが発生した場合、ハードウェア側のトラブルだった場合はソフトウェアをいくら改善したとしても解決するものではないので、機種交換科修理が必要になるということになるでしょう。

ソフトアップデートで対応できれば最良

iPhone7でのノイズ騒動はかなりの大きなトラブルとなりました。このトラブルで悩んでいる人は非常に多く、悩んでいる人の多さからも話題になりやすかったのでしょう。人によってはノイズトラブル等の不良が購入してから連発してしまって最終的には返品して諦めてしまう人もいたようです。

それ以外にもiOSデバイス向けの最新バージョンOS「iOS10」にアップデートしたことでノイズが発生するという報告が一気に増えました。この時の対応方法は不具合が発生しているアプリを最新版にアップデートするとか再起動を行うといったことが推奨されておりましたが、それでも治らない人はいたようです。iPhoneXではこのようなノイズトラブルが多発しないことを願います。

もしノイズトラブルが購入してすぐに見つかったのなら機種交換するしかないでしょう。

ノイズトラブルは気にならない人ならいいかもしれませんが、それが大きめの音だった場合は気にしないことなどできないでしょう。基本的にノイズに気が付いた場合は、購入してすぐなら初期不良を疑って機種交換を願い出るのが一番です。問題が起きたらサポートセンターに電話をすることになりますが、必ずその問題が何度も起きるのかを確認してから連絡するようにしてください。iPhoneXではこれらのトラブルが減ることを切に願います。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ