iPhoneXのスピーカーは裏面に搭載されるの?

2017年は、iPhone発売から10周年を迎えるプレミアムな年です。そのため、通常と比べても、さまざまな噂が飛び交っています。モデルのサイクルについてもその噂のひとつで、今までのナンバリングの順番からすると、次期iPhoneはiPhoneXということになります。ところが今回はそのsシリーズを廃止させて、iPhoneXを飛ばし、次はiPhone8になるのではとの噂が流れてきました。

 

また、現在ボディデザインに使用されている、アルミニウム素材のものは廃止するかもしれないとのこと。そのアルミニウム素材のボディにかわるのは、iPhone4で採用されていた、ガラス素材を採用するつもりではないかとの噂もあります。iPhone4のガラスボディは耐久性能が低く、壊れやすいなどとして一部不満の声も聞かれていたようでしたが、今回はサファイヤガラスを使用し、ガラスの強化をはかることでこの問題点を克服させるようです。しかもこのガラス素材は、iPhone4では全面ディスプレイのみだったものが、今回は背面ボディにも採用されるかもしれないとのことです。
このように、次期iPhoneXまたはiPhone8のボディデザインについて、大きな変更の可能性が出てきたと言えるでしょう。

 

さてそんな中、ディスプレイについても、ニュースメディアのMacRumorsが、Touch ID(指紋認証センサー)やFaceTimeカメラを内蔵させた、全面ディスプレイにする可能性があると、報じています。今回はこのディスプレイに関連した噂を検証してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

スピーカーはディスプレイの裏に搭載

iPhone情報サイトとして有名なMacRumors(海外サイト)からの情報によりますと、PodCastの番組内で、Darling Fireballというブログを運営するJohn Gruber氏が、2017年発売予定の次期iPhoneであるiPhoneXには、指紋認証センサーであるTouch IDや、テレビ電話/音声通話のできるFaceTimeカメラが内蔵された全面ディスプレイを採用するのではないかと話しています。そしてその他に、センサーやスピーカーなどもディスプレイの裏に配置されることになるかもしれない、と発言したとされています。

iPhoneXは、さまざまな噂がこれまでにも流れており、今回の件についても、以前より噂は何度も耳にしています。しかし、これがもし仮に、真実であったときには、物理的なホームボタンの行方はどうなってしまうのでしょうか。やはり、ついに消滅をしてしまって、センサーによるディスプレイのタッチ操作となるのかも知れません。これについては、少なくはないホームボタン支持者からの、惜しまれる声も聞かれそうですね。

iPhoneXのデザインは大幅に刷新される?

このように次期iPhoneと予想されているiPhoneXについての噂をまとめると、早ければ2017年、あるいは遅くても2018年には、待望の有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)の搭載したiPhoneXを発売。またそのサイズについても、5.8インチのサイズになるとも言われており、現在の5.5インチよりもさらに、大きくなるとの予想がされています。

ただし、5.8インチのディスプレイモデルについては、ディスプレイは大きくなりますが、5.5インチのディスプレイのiPhone6s Plusとの比較では、小さいモデルサイズとなるとの予想がされています。とにもかくにも、次期のiPhoneXのデザインや機能については、かなり大幅に刷新されることが期待できそうなのです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ