iPhoneXに変えたら活用したい「ARKit」について

iPhoneの新機種であるiPhoneXには、「ARKit」というすごい機能が搭載されています。iPhoneXを手に入れたら、是非とも活用したいこの機能について、知っておくとよいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

「ARKit」ってどんな機能?

iPhoneのOSであるiOS11以上で利用できるすごい機能が、「ARKit」です。iPhoneの生みの親であるApple社が開発しており、端的に言うとARフレームワークです。iPhoneはより精巧なARの提供で注目されていますが、こちらの機能は、平らな場所を認識してそこにCGの物体を重ねられることから注目されています。そのため、設定した大きさでものを机の上に置くことができるなど、ARKitを使えば、複数の平面を認識してその違いを把握でき、まるでそこにあるかのような場面を再現するのに使えます。

「ARKit」を使えばどんなことができるの?

ARKitとは、拡張現実であるARアプリ開発のプラットフォームです。特にPokémonGOをはじめとしたゲームアプリなどで使われており、より精巧な、立体的にゲームを楽しめることができます。ほかにも「Kabaq]というアプリを使えば、レストランのテーブルの上にリアルな料理を出すことができます。ほかにも、化粧品が試し放題のアプリなお、いろいろなアプリを楽しむことができます。アプリ開発者にとっては、待ちに待った変化ともいえるでしょう。

今回のARKitでできることとできないこと

iPhoneXに搭載されるというARKitには、できることとできないことがあります。できることといえば、やはり安定的な位置合わせと平面認識です。周辺の光の状況を把握することもできます。だからこそゲームのキャラクターをCGでより浮きだたせるように表示させて、立体的な料理の写真を飛び出てきたように表示できます。しかしながら、このARKitにももちろん限界はあります。それは、平面以外の立体物の凹凸に合わせてCG物体を配置することはできません。画像ベースにはなりますが、平面把握には優れていますので、今後アプリがより進化することと思われています。

iPhoneXに搭載されるという注目の新機能が、ARKitです。ARKitは、iOS11で利用することができるようになり、AR(拡張現実)での使用が期待されています。そのため、ARKitを使ったゲームアプリなどが注目されています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ