iPhoneXのカード一体型ケースの利便性

iPhoneXの保護ケースは、「端末を衝撃から守る」という基本機能にくわえ、日常生活での利便性を向上させる工夫が取り入れられています。そのひとつがカード一体型ケースで、端末背面にSuicaなどのICカードを差し挟むことによってまるでおサイフケータイのように手軽に決済を行うことができます。カード一体型ケースにはどのような面でメリットがあるのか。具体例をまじえながら解説していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

カード一体型ケースの特徴とメリット

カード一体型ケースとはその名の通り、SuicaなどのICカードとiPhone端末が一体化したケースのことです。カードの読み取り面が露出しているためその都度財布から取り出さなくても端末をかざすだけで簡単に支払いが行えます。おサイフケータイの機能を保護ケースによって実現した、というイメージですね。非常に便利なアクセサリーですが、カードを使用するためには電波の干渉を防ぐための付属シートをはさむ必要があり、そのままでは正常に読み取りが行えないので注意しましょう。また、安全性には充分に配慮されていますが、カードを長期間挿入したままでは汚れや傷によってカードが破損してしまう恐れがあるため、定期的にカードをはずし、表面についた汚れを拭き取るようにしましょう。

カード一体型ケースにクレジットカードは入れられる?

現在のところ、カード一体型ケースはあくまでもSuicaなどの交通系ICカードの利用を前提としてつくられているようです。理論上はクレジットカードなども挿入可能ですが、iPhoneXは日常的に持ち歩くアイテムであるだけに、クレジットカードを端末背面にはさむことはおすすめできません。どんなに注意していても紛失のリスクをゼロにはできませんし、つねに外気に触れる部分であるため、細かいキズや衝撃による破損の心配もあります。Suicaでもクレジット機能と連動したタイプがありますが、同じ理由でケースに入れるのはリスクが大きく、慣れないうちはセルフチャージ式のタイプにすることをおすすめします。

カード一体型ケースはもういらない?iPhoneXのさらなる進化

「iPhoneXではおサイフケータイにも対応するのでは……」。カード一体型ケースの特賞を理解して、こんな疑問をもったユーザーもいるのではないでしょうか。iPhone端末そのものがおサイフケータイに対応すればSuicaなどのICカードをアプリとして取り込めるわけだから、カード一体型ケースの需要はなくなるはず……確かに筋の通った理屈ですが、実際にはiPhoneXでもこれまで通りカード一体型ケースがリリースされ、一定の需要を保つだろうと見られています。アプリのかたちでカードを取り込むのも便利ですが、機種変更の際のデータ移行がやや煩雑になりますし、アプリ側のトラブルで突然使えなくなるということも考えられます。また、ファッション性を重視したカード一体型ケースも多数リリースされているため、アクセサリーのひとつとして選択肢に入れるユーザーも多いようです。

iPhoneXをおサイフケータイのように使えるカード一体型ケース。ファッション性にもすぐれ、オシャレなアクセサリーとしても高く評価されているようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ