「iPhoneX」

!!予約受付開始!!

ソフトバンク公式オンラインショップ
▶︎【公式】ソフトバンクオンラインショップは
こちら!!
iPhone7sを発売日前に予約する際の予約台数制限とは?

iPhone7sの発売日当日に入手できる確率が高くなるという、発売日前の事前予約システム。事前予約システムは、iPhone7sを端末1つで発売日前に簡単に予約が出来るシステムではありますが、予約する際には必ず「予約台数制限」がありますので注意が必要です。iPhone7sの予約についてはまだ正式発表はされていませんが、過去の事例からiPhone7sの発売日前の予約台数制限を予測してみましょう!

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

1.iPhone7sを発売日前に予約する場合、予約台数制限に注意!

Apple社のiPhoneシリーズは世界的にも人気の高い商品ですので、いち早く手に入れたいと思う人々が多く存在します。その為、iPhoneの新製品(今回であればiPhone7s)が発売されたと同時に買い占めてしまえば、次に再入荷するまで時間が掛かりますし、どうしてもiPhone7sを手に入れたいと熱望する人々に高く転売して儲けようとする人が出てきます。

実際に人気のある商品の場合は、このように「転売」して儲けようとする人々が多く、人気のアミューズメントパークの入場券や品薄になりがちな商品はこうした事例が多発しました。問題が発覚後は必ず「1人で買える制限数」が販売元により設けられてきました。

iPhoneシリーズも同様であり、Apple Storeやau、ドコモ、ソフトバンクや量販店でも「予約出来る台数制限」が設けられています。この予約台数制限を無視して制限台数を越えた注文を入れてしまうと、古い予約分からキャンセルされてしまうので、発売予約開始に早い順番を取れたとしてもその早い順番から削除されてしまいますので、十分注意しましょう。

2.過去から予測するiPhone7sの発売日前の予約制限数とは?

iPhone7sに関する発売日前の予約制限数は今のところ発表がされていませんが、過去の事例からある程度予測することは可能です。それでは過去はどのような予約制限数だったのでしょう?iPhone6s/6s plusを例に取って検証し、iPhone7sでの予約制限数を考えてみましょう。

1)Apple Storeの事前予約制限数は?
Apple StoreでのiPhone事前予約制限数は「1名義人あたり2台まで」でした。
ちなみに名義人名を変えたとしても、購入者名義と支払者名義が同一であるなど、不自然な点が露見してしまい、複数申込をしてとしてもバレますので絶対に止めましょう。尚、家族用に複数台購入する場合は、購入者とアカウントの名義を別途作る必要があります。iPhone7sでも同様の条件になる確率が高い気がします。

2)ドコモ・au・ソフトバンクの事前予約制限数は?
上記3大キャリアでのiPhone事前予約制限数は「新規の場合は1人2台まで。機種変更やMNPの場合は1回線1台まで」でした。但し3大キャリアでは、Web予約システムのみ採用しているApple Storeとは違い、Web予約システムと店頭予約が出来ます。しかし、このiPhoneの事前予約制限数は、Web予約システムと店頭予約の合算数が適用されますので、事前予約規定数を超えた場合はどちらかの予約がキャンセルとなりますので注意が必要です。iPhone7sも同じ状況が続くと思われます。

如何でしょうか? 転売目的ではなく単にiPhone7sを欲しいあまり、つい規定の予約数量を越えて事前予約をしてしまいがちですが、せっかく発売日当日に受け取れるべき予約を自らキャンセルしてしまわないよう、十分な注意が必要ですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ