iPhoneXは発売後からどのくらいで手に入る?

11月の正式リリースが待ち遠しいiPhoneX。ユーザーのニーズを満たすべく在庫管理はもはや完璧……と思いきや、何とiPhoneXの供給ペースは未だに追いついておらず、発売後もきわめて入手しづらい状況が長期間にわたりつづくだろうというのが専門家の予測です。果たして、iPhoneXは無事にすべてのユーザーに行きわたるのでしょうか。現時点で入手できる情報をもとにまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXが発売後も入手困難になる理由

iPhoneの最新モデルが発売後も品薄状態になるのではないかとの予測は、かなり早い段階から各方面で流れていました。その根拠として挙げられるのが生産ラインの大幅な遅れであり、とくに有機ELディスプレイや耐熱用グラファイトシートなど、iPhoneXの中核を担う部品の調達が未だ間に合わず、その結果として発売後の需給予測すら満足にたてられない状況になっていると言われています。需給バランスのミスマッチは年明け以降もしばらくつづくと見られており、iPhoneXを一刻も早く手に入れたいコアなユーザーにとってはストレスのたまる時間となりそうです。

発売後の品薄に隠されたAppleのひそかな計算とは?

iPhoneXの需給バランスの乱れは、決してAppleの怠慢でも誤算でもありません。生産が大幅に遅れる本当の背景には、Appleのあくなき完璧主義があります。単に発売スケジュールに間に合わせるだけなら、部品ごとの質を下げ、よりシンプルな設計に組み替えれば良い話です。素人でも思いつくような方針をとらず、Appleが発売後の品薄を覚悟してでも製品のクオリティを優先しつづけるのは、ほんのわずかな妥協が長期的に見てユーザーを失望させる要因になることを知っているからです。創業者であるジョブズ氏の意向を純粋な意味で引き継いでいるからこそ、iPhoneシリーズの完璧なクオリティは守られ、ユーザーを満足させる新機能を次々に実現できるのです。

iPhoneXの品薄は果たして痛手か?

シンプルに考えれば、iPhoneXの土壇場での品薄騒ぎはAppleにとって大きな痛手であるかのように思えます。しかしながら、事はそれほど単純ではなく、iPhoneXの品薄を受けてiPhone8の予約台数が予想以上に増加するなど、プラスの意味での副産物も生み出しているようです。

残念ながら、iPhoneXが発売後にすんなりと手に入る確率はきわめて低いと言えそうです。発売をずっと待ち望んできたユーザーにとってはただただショッキングなニュースかもしれませんが、今回は意味のある品薄であり、製品のクオリティをさらに高めるための充電期間だととらえれば納得できるのではないでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ