iPhoneX本体のガラス耐久性はスマホ史上最強!?

ここへきて大幅に刷新されたiPhoneXのボディは、デザインがスタイリッシュであるだけではありません。オールフラットになった大画面ディスプレイを保護するガラス耐久性はこれまでのiPhoneシリーズとは比較にならないほどの強度で、よほどのことがないかぎり画面割れのリスクをゼロにできるとAppleも豪語しています。果たして本当に、ガラス耐久性によってiPhoneXの安全性は担保されているのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

医療用と同じ!iPhoneXをあらゆる角度から守る強化ガラス

iPhoneXに採用されたガラス耐久性は、一説によるとiPhoneXのデザインよりも先に開発がスタートしていたとも言われています。それほどに耐久性ガラスはiPhoneXの命運を握る重要なギミックであり、Appleにとっても全精力を注ぎ込んでも惜しくないキーポイントであったのです。耐久性ガラスの実力は開発前の単体テストでもすでに実証済みであり、医療用と同じ強化保護パーツが使われていることからも開発チームの熱の入れようがうかがえます。

Appleがここまでフルフラットディスプレイにこだわる理由

これまでにない強度の耐久性ガラスがiPhoneXにおいて採用された背景には、Apple側のフルフラットディスプレイへのあくなきこだわりがあります。ディスプレイ上のホームボタンを廃止し、フルフラットの有機ELディスプレイに切り替えることはiPhone8リリースの時点からすでに公言されており、大画面化に舵を切ることはもはや既定路線と言われていました。Appleがここまでフルフラットディスプレイにこだわるのはもちろん、画面を有効活用してフルスペックの3D映像を忠実に再現したいという理由もあるのでしょうけれど、やはり、ジョブズ氏の意向であったシンプル路線からの大胆な脱却を強く印象づけたいという狙いもあるように思われます。

強度は最高!でもやっぱり取扱注意!

iPhoneXがたとえ最上級の耐久性ガラスを採用して強度が飛躍的に向上したといっても、精密機器であることに変わりはなく、ふとしたはずみで画面を傷つけてしまうことも充分考えられます。精密機器は磁力に弱く、強力な磁場にさらされると一瞬で内部データが破損する場合があります。

耐久性ガラスによってディスプレイの強度が飛躍的に降雨上したiPhoneX。保護されるのはもちろんディスプレイだけでなく、端末背面や側面もソフト素材の保護フィルムによってきちんと守られています。しかし、これによって故障のリスクが完全にゼロになったわけではないため、精密機器であることを忘れずに、これまで通り大切に扱ってあげましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ