iPhoneXのためだけに設計された”OLED”とは!?

iPhoneのような最先端の機器はいつも時代の先駆けとなっているので、それ専用とも言えるような機能を搭載することもあります。その一つがiPhoneXに搭載されるOLEDでしょう。そこで、今回はこのiPhoneXのためだけに設計された”OLED”について解説します。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXに搭載されるOLEDとは?

iPhoneに搭載されるOLEDとは有機ELディスプレイのことです。有機ELディスプレイといわれたらなんとなくどのようなものなのかは想像できるでしょうが、具体的に液晶ディスプレイとの違いについて説明できる人は少ないでしょう。

最大の違いは有機ELディスプレイの場合は有機ELそのものが光るところにあります。液晶の場合はバックライトが必要で、その分だけ厚みが発生します。iPhoneのような携帯電話はできる限りコンパクトにまとめたいものなので、バックライトが必要ない分薄くすることが可能になります。

また、液晶ディスプレイの場合は黒の部分にもバックライトを使う必要があったのではっきりとした黒にならなかったのですが、有機ELディスプレイの場合はライトを当てないので黒がくっきりはっきりと表示されます。

そして、この有機ELディスプレイを採用したおかげで、iPhoneはバックライトが不要となってFace ID用のカメラなどを搭載することができるようになり、電力もカバーできるようになりました。

iPhoneXのみ搭載の機能がある?

そんなiPhoneXの有機ELディスプレイですが、弱点もあります。それはブラウン管テレビでもあったような画面の焼き付きが発生しやすいということです。有機ELディスプレイは有機ELという小さな素子に電気を流して発光しているのですが、素子に電気を流し続けて劣化してしまうと色落ちが発生して、焼き付きが起きるようになります。

ところが、iPhoneXではこの焼き付きをどうにかするために、「Burnin-mitigation」という機能が搭載されます。直訳すると焼付き緩和です。これがどのように作用するのかはわかりませんが、最新の有機ELディスプレイは焼き付きトラブルに対する声が少なくなっており対策は進んでいるのでしょう。つまり、この有機ELディスプレイにもiPhoneX用のオリジナル焼き付き防止機能が搭載されると言うことです。

iPhoneXの先はどうなる?

そんな有機ELディスプレイですが、iPhoneXよりも先の機器にはそれを上回るiPhone用OLEDパネルが用意されるという噂もあります。その噂の一つがiPhone用の折りたたみ可能なOLEDパネルを開発しているというものです。

今のところiPhoneXはサムスンがこの有機ELディスプレイをすべて供給しているので、そこからの脱却を図っての動きではないのかと推測されております。この開発をともに実行しているのがLGなのです。そのため、将来的には折りたたみできるようなディスプレイやぐるぐる巻きにできるディスプレイのiPhoneが登場するかもしれません。

iPhoneは常に革新的な技術を私たちに提供してくれますが、今回の有機ELディスプレイも非常に活発的なものであると言われております。iPhoneXはどのような喜びを私たちに提供してくれるのか、有機ELディスプレイの実力はどれほどのものなのかを楽しみに待っていましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ