旅好きな人にもおすすめ!iPhoneXは望遠カメラ付き

旅先で、高いビルは大きな木を写真に収める際に、役に立つのが望遠機能です。iPhoneXの望遠ズームは10倍と、離れた場所からも対象を狙うことができます。旅を楽しくするために、iPhoneXの望遠機能を使いこなしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone史上最大の10倍ズーム

画素数に関していえば、iPhone8が1200万画素、iPhoneXも同様と変わりはありません。しかしiPhone8とiPhoneXの大きな違いは、望遠で撮った写真がより鮮明に、美しくなることにあります。iPhoneXにはiPhone史上最大の10倍ズームが搭載されており、距離を感じさせないクリアかつリアルな写真を撮ることができるようになるでしょう。iPhone8のズーム倍率は5倍ですので、望遠に関しては性能が倍になったわけです。また開放値も上がっており、iPhone8のF値は2.8、iPhoneXは2.4です。光を集めやすくなっているので、離れたものや人物もきれいに撮影できます。F値が上がったことにより、iPhoneXはまた、夜間撮影にも向いた機種であるといえます。

iPhoneXの手振れ補正機能

望遠で撮った写真を切り取って、一部をクローズアップすることがあります。しかしその際に、対象がぼやけてしまっていたことも少なくないでしょう。iPhoneXは、これまで広角カメラにしかついていなかった手振れ補正機能を、望遠カメラにも搭載しています。このことにより、離れた対象を撮影しても、ぶれることなくくっきりとした写真が撮れるようになります。先に述べた通り、iPhoneXは高い集光機能もありますし、望遠で撮る写真に関しては従来のものより抜きんでて美しいものができることが期待されます。

旅先での写真はiPhoneXの望遠で

望遠カメラでの撮影は、旅を楽しくしてくれます。対象と距離があっても、望遠機能があれば写真に収めることができるでしょう。しかし望遠を使うメリットで最も大きいのは、対象の全景を撮影することができる点です。対象が大きなものであっても、距離を取ることでその全体像を写真にすることができます。近くで撮った写真もダイナミックでいいものですが、全体像を見るときに、望遠カメラは便利です。望遠で撮っておいて、後でその対象だけ切り取れば、ズームなしでの写真とは違う印象のものが仕上がります。iPhoneXでは手振れ補正機能も搭載されていますので、離れたものがぼやけることもありません。

iPhoneXの望遠カメラは、10倍までズームすることができます。望遠レンズとしては初めて、手振れ補正機能が搭載されているので、望遠で撮った写真もクリアに仕上がるでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ