iPhoneXにワイヤレスイヤホンは使える?

携帯端末で音楽を聴くうえで必要不可欠なアクセサリーとも言えるワイヤレスイヤホン。iPhone7では価格帯もさまざまな高性能イヤホンがリリースされましたが、その仕様はiPhoneXでも踏襲されるのでしょうか。ユーザーのニーズをもとに検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

イヤホンジャックが突然廃止された理由

iPhoneを充電しながら音楽を再生できなくなるところに、イヤホンジャック廃止の不便さはあります。イヤホンジャックを使わなくても付属アクセサリーであるlightningケーブルを使えばiPhone端末でお気に入りの曲を楽しむことができます。ただやはり、iPhone本体に直接イヤホンを接続できた頃に比べれば利便性が大きく損なわれたことは否めません。iPhoneXでもイヤホンジャック復活のきざしは見えず、ユーザーにとってはオーディオ機能を活用するプロセスが面倒になっただけで、得られるメリットはほとんどないと不評を買う一方です。

イヤホンジャック廃止はAppleの作戦だった?

「シンプル・イズ・ベスト」の基本理念から脱却し、付加価値を貪欲に詰め込む方向に路線変更すると見られているiPhoneX。それにしてもなぜ、ユーザーからも根強いニーズのあった便利なイヤホンジャックを廃止し、ワイヤレスイヤホンの充実にシフトチェンジしたのでしょうか。ユーザーの間でも永遠の謎になっているようですが、Apple側の視点に立って深読みすると、一連の動きはビジネス戦略の一部と言えなくもありません。イヤホンジャックを廃止しただけで、lightning端子などの付属アクセサリーが増えることになり、いたってシンプルに考えれば、増えたアクセサリーの分だけ全体としての利益を底上げすることができるのです。もちろん、いくら利益のためとはいえユーザーに対しそこまであからさまな不便を味わわせるとは考えにくいため、イヤホンジャック廃止にはおそらく仕様上どうしてもやむを得ない事情があるのでしょうけれど、付属品なしで音楽が楽しめる時代を知っている立場からすると、イヤホンジャックの復活を切望したくなるユーザーの気持ちもわかります。

イヤホンジャックはもう永遠に復活しない?

現時点で入手可能なリーク情報をもとに判断すると、少なくともiPhoneXではイヤホンジャックの復活はほぼないだろうと予測することができます。すでに公開されている設計図を見れば一目瞭然で、イヤホンジャックらしきギミックがどこにも組み込まれていないことからも、iPhoneX以降もワイヤレスイヤホンとBluetoothスピーカーの使用を前提に設計されることが推察できます。もっとも、ユーザーにとってあながちマイナスな情報ではなく、イヤホンジャックを廃止するかわりにiPhone本体の防水機能が大幅に強化されるとの見通しも立てられており、なおかつ、これまでのシリーズでユーザーを悩ませてきた充電のしにくさも解消されるとの観測があり、イヤホンジャック廃止も気にならなくなるかもしれません。

iPhoneXでもイヤホンジャックの復活が望めない以上、今後ますますワイヤレスイヤホンの重要性が高まってくると見られています。音質やフィット感はもちろんのこと、コネクタ部分の耐久性なども評価基準に入れたうえで繰り返し使いたくなるアクセサリーを選びましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ