iPhoneXは3モデルではなく2モデル?!

ここへ来て、今年発売見込みである、次期iPhoneの発売モデルについて、新たな情報が入ってきました。これまで噂されていたモデルは、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhoneX(いずれも仮称)の3つでした。それが、中国の技術系ブログのMICGadgetが、Foxconn(鴻海精密工業)からの情報として、2モデルになるのではないかと伝えたのです。今までの噂が否定されたかたちとなりましたが、どちらがより真実に近いのでしょうか?

 

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

噂の情報源の、FoxconnとMICGadget

Foxconnは台湾でも最大手の電子機器製造会社で、iPhoneの製造も請け負っており、サプライヤーとして名を馳せている企業です。以前、iPhone7 Plusのデュアルレンズについての情報を流すなどの、iPhone関連の情報については、たびたび名前が挙がってくる企業でもあります。

MICGadgetについては、Apple情報についての信ぴょう性は、それほど高いソースとは言い難いところではあります。しかし、先日KGIセキュリティアナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えた、iPhoneXのデザインについての観測と照らし合わせてみても、そう矛盾しているとも言えないようです。

iPhoneXは、従来のデザインをそのまま踏襲するとのことですが、現在すでに狭額縁を採用している、最新のAndroidスマートフォンよりも、古臭く見えてしまうことから、不安材料として見栄えについては、発売に際し、大変憂慮するもであると伝えていました。信用性の高いKGIのその情報に、寄り添った近い意見として、MICGadgetの情報についても、全く信用できないものではないことが分かります。しかし、結局それもただの憶測にしか過ぎないわけですから、それをもって真実とは言えないのです。

結局2モデルとは、どのパターン?

噂されていた3つのモデルのうち、2モデルとはどのパターンと予測されたのでしょう?iPhoneXについては、具体的な外形図や、ダミーモデルも出回っていたということから考慮してみても、間違いないと思われます。おそらく、iPhone8、iPhoneXとなる可能性が高いと見ているのですが、いずれにしても、現段階では信ぴょう性の低い噂としての域を出ることのないものです。確定した真実の情報は、まだ何も得られていないと言うのが、今の時点ではっきりとした事実と言えます。

Apple社の秘密主義は以前ほど厳重ではなくなってきた感がありますが、iPhoneでは、まだまだ垣根は低くなりそうにありません。真実の情報が入手出来ないからこその、楽しみが確かに存在しているわけなのですから、予測できるのはこれほどにない至福の知的贅沢であると認識を変え、楽しんでみるのも、悪くないのではないでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ