iPhoneXのモバイルバッテリーとは

モバイルバッテリーは出張先や旅行中など、充電コードを持っていけないような場面で重宝します。iPhoneXではモバイルバッテリーの容量もこれまでのシリーズ以上に大きくなると見られ、アクセサリーとしての性能もますます向上すると期待されています。iPhoneXをより遊びつくすためにもモバイルバッテリーの選び方と正しい使い方を理解し、性能の違いを見分けられるようにしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

モバイルバッテリーの選び方と正しい使い方

モバイルバッテリーにはいくつかの種類があります。機種変更の際にはそれまでのモバイルバッテリーを無条件に使わず、その端末に合った容量のバッテリーをその都度選ぶ必要があります。iPhoneXの付属アクセサリーでは純正品を選んでおけば性能面では安心です。また、購入時には念のため、PSE認証マークがつけられた製品であるかどうかをチェックするようにしましょう。PSEマークがつけられることによって、「この製品は安全に使えますよ」と証明されたことになります。PSEマークを勝手につくっている悪質な業者も存在するため、付属アクセサリーはバックボーンのしっかりした、信頼の置けるメーカーのものを買うように心がけましょう。

種類はひとつだけじゃない!用途を考えて容量をチェンジ

モバイルバッテリーの性能は、mAhという単位で表される充電容量によって決まります。大きい数字のものほど短時間で大容量の充電が可能であるという意味になりますが、必ずしも大容量タイプを選ぶ必要はありません。比較的小さいタイプとされる1300 mAhのバッテリーであっても、ごく限られた用途でしかiPhoneXを使わないのであればとくに不都合はないと思われます。ただし、仕事上の都合で朝から晩まで端末を必要としたり、長期の旅行などで何日間も充電コードが使えない場合は10000 mAhを超える大容量タイプを選んだほうがお得と言えます。バッテリーを選ぶ基準としては、大きさもはずせないチェックポイントです。充電容量とバッテリーサイズはある程度比例する関係にあり、当然のことながらサイズが大きいほうが短時間で効率よく充電できます。モバイルバッテリーは日常的に使う優先度の高いアクセサリーのため、サイズと充電容量、それにデザイン性を慎重に検討したうえで暮らしのニーズに合ったタイプを選びましょう。

いつの間にか充電ゼロ?バッテリーの減りを早くするiPhoneの機能は?

ユーザーによっても、iPhoneのバッテリーの消耗が激しい人とそれほどではない人がいます。その違いは、普段よく使う機能の違いに起因しています。iPhone端末で高画質の動画を長時間視聴するとどうしても充電の減りが速くなり、「気づいたら充電切れギリギリ」ということもめずらしくはありません。動画は画像と音声を同時に、しかも高速で処理するわけですから、充電がすぐになくなるのも当たり前ですよね。初期のiPhoneシリーズではまだバッテリーの性能も充分ではなかったため、フルスペックの動画を30分間再生しただけで充電が完全になくなるケースも決してめずらしくありませんでした。ここからはちょっと上級者向けのテクニックですが、デザリングもバッテリーの消費が激しく、自宅に専用のルーターがない人は予備のモバイルバッテリーをいくつも購入するなど、対応に困っているそうです。

過去シリーズの傾向から分析すると、iPhoneXではこれまでのバッテリー水準を維持するものと予測されています。駆動時間のさらなる延長にも期待したいですね。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ