iPhoneXの驚くべき機能!自分の顔に合わせて絵文字が変わる?

アニ文字とは、iPhoneXの新機能の一つであり、ユーザーの表情や言葉を読み取り、アニメーションに変換するという機能です。そのような先進的な機能について、活用できるようにするとよいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXで生まれたアニ文字とはどんなもの?

iPhoneXは、オリジナルの動く絵文字を作り出すことができます。iPhoneXの画期的な絵文字のことを「アニ文字」といいます。動く絵文字だけなら、従来のiPhoneでも実施することが可能ですが、このアニ文字の画期的なところは、高性能なカメラでユーザーの表情を読み取ってそれを絵文字に投影することができるという点です。このアニ文字はiPhoneX同士で利用することができて、AppleMessageでも利用することができます。

アニ文字はどうして実現できるの?

iPhoneXで注目されている機能としては、TrueDepthカメラシステムで実現できる顔認証システムがあります。高性能なカメラに30000点のドットプロジェクタから織り出される赤外線で、ユーザーの表情を読み取ってユーザーを識別するという機能です。この「ユーザーの表情を読み取る」という機能から発生したのがアニ文字です。アニ文字は従来のように自分で選んで入力する絵文字と違って、現在のユーザーの気持ちなりをくみ取って3Dにして絵文字として送ることができるという画期的な機能です。50以上の異なる筋肉の動きを解析し、表情を12種類あるアニ文字として表現できます。

iPhoneXの新機能、アニ文字はどういうときに使える?

iPhoneXにおける画期的な顔文字、アニ文字は今後さまざまな場面で利用できると考えられます。つらいことがあっても、直接つらいと伝えるよりは、ユーモアたっぷりの動く絵文字で送ることによってよりライトに気持ちを伝えることができます。さらには、文章だけのメッセージは堅苦しいけれどどのような絵文字を選んだらよいかわからない人でも面倒がらずに絵文字を使うことができるようになります。今後の活用が期待される機能の一つです。

i今年1①月に発売されるiPhoneの最上位機種、PhoneXで搭載される新しい機能の一つとしてアニ文字があります。このアニ文字とはユーザーの表情を読み取ってそれを3Gの異なるキャラクターで再現することができます。iPhoneX同士やAppleMessengerで使うことができます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ