iPhoneXのシリコーンケースの特徴とは

今やiPhoneの付属アクセサリーの定番ともなったシリコーンケース。手になじみやすいデザインで見た目もどことなく可愛らしいため、ビジネスマンにとどまらず若い女性の間でも安定した需要があるようです。メリットしか浮かばないシリコーンケースですが、長く使うにあたってデメリットや注意点はあるのでしょうか。iPhoneXを購入予定のユーザーの視点で考えてみました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

シリコンの特徴と知っておきたい弱点

シリコンはもともと、柔軟性と弾力性を最大の特徴とする素材です。非常にやわらかく熱による加工がしやすいことからiPhoneの標準的な保護アクセサリーとしても使用されています。原材料コストが安価であることから大量生産が可能であり、純正品でも3000円以下というリーズナブルな価格で提供することができる点も大きな長所となっています。ただ、「最大の長所は最大のデメリット」ともよく言われているように、吸着性にすぐれすべりにくいという強みがかえって利便性を低下させてしまうこともあります。また、伸縮性が高い反面、ある程度の期間継続して使っているとどうしても素材そのものがのびきってしまい、iPhoneX本体とのすき間が広がってしまうことも考えられます。静電気を発生しやすいためほこりを溜め込みやすいのも短所のひとつです。デメリットばかりをならべてしまいましたが、ここ数年はほこりを寄せつけにくくする特殊加工や変形が起きにくいシリコーン素材が開発されており、従来のウイークポイントを克服したより使いやすいケースが実用化されると期待されています。

いざという時の裏ワザ!変形したシリコーンケースが元通りに?

時間が経つごとに素材そのものがのびきってしまい、アクセサリーとしての保護性能が弱くなってしまう点がシリコーンケース最大の欠点と言われています。素材自体に伸縮性がある以上こればかりはどうしようもないと考えられてきましたが、ユーザーの間では「ゆるくなったシリコーンケースをもとのサイズに戻す」という上級テクニックが試みられているようです。のびきってしまったシリコーンケースを一度鍋の熱湯で数分間煮立て、冷水で一気に冷やすというプロセスを何度か繰り返すことによってケースの弾力性が復活し、形ももとに戻るというのです。一部では確かに効果があるようですが、あくまでも一種の対症療法であり、方法を誤るとケースをかえって傷めてしまうことがあるので注意が必要です。

iPhoneXのアクセサリーとしてスタンダードな選択肢となりつつあるシリコーンケース。違和感のない手ざわりと安定感のある柔軟性でiPhone初期から使っているユーザーも少なくないようです。ほこりのつきやすさや変形の起きやすさ、サイズの大きさなどがデメリットとして指摘されていますが、いずれも特殊加工などの工夫によって解消できるレベルであり、今後も従来の弱点を克服するより画期的なシリコーンケースがリリースされつづけると見られています。古くなったシリコーンケースをもとに戻す方法も一部で紹介されているようですが、いずれも正式な方法ではなく、最悪の場合は大切なケースを傷つけてしまう恐れがあるため、むやみに加工を試みるのは絶対にやめましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ