iPhoneXは有機ELディスプレイ?!メーカーの受注額が大幅アップ?!

スマートフォンなどの精密機器に部品を提供している製造装置メーカーの動向から、今秋発売される予定のiPhoneXのディスプレイには有機EL(OLED)が採用されるという噂の確証が高まってきました。


iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXは有機ELディスプレイ?!メーカーの受注額が大幅アップ?!

有力メーカーの受注状況から検証?

世界的なニュースサイトのブルーム・バーグは、アメリカの半導体製造機器メーカーで大手のアプライド・マテリアル社の受注状況を見ると、iPhoneXにOLEDディスプレイが搭載される可能性が高まったと報じました。アプライド・マテリアル社の2016年の第二四半期の決算状況によると、ディスプレイの製造装置部門で、ほぼ年間の収益に匹敵する発注(日本円換算でおよそ770億)を受注しており、同社のCEOであるGary Dickerson氏がこの大幅な増収について「一時的なものではなく、継続的なものであり、このことは、モバイルデバイス業界をリードするのが誰であるか、みんなが知っているということだ。」と語りました。この数字は、同社同部門の前年の受注額にくらべて4倍となっています。また、製造装置の稼働は2017年に発売予定のiPhoneXの製造開始の時期と重なります。アメリカが拠点の投資会社Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、「アプライド社のこのような状況は、2017年発売予定のiPhoneXに向けた動きだ」と述べています。通常、ディスプレイ製造用装置と言われる業務用の機械は、受注~製造~設置の過程に9カ月程度かかると言われており、アプライド社の2016年の動きから計算すると、ちょうどiPhoneXの製造が開始される頃に工場に設置されるタイミングになると言われます。ちなみに、ブルームバーグの取材に対して、Apple社の広報担当からの回答はノーコメントでした。

アニバーサリーイヤーに発売のiPhoneXからOLED搭載?

話題になっているOLEDですが、画素そのものが発光するため、液晶のディスプレイに不可欠であるバックライトが不要となります。省電力での薄型化が可能のため、製品の軽量化が必須要件のひとつであるスマートフォン業界では早くから注目を集めていました。しかしながら、製造工程が複雑でレアメタルを使用するというコスト面の問題から、スマートフォンのディスプレイの素材として主流にはなっていませんでした。ただ、表示も鮮やかでコントラスト比が高いということで、ディスプレイへの有用性の点で早くから注目を集め、Apple社をはじめとする各メーカーからは、OLEDの研究開発に期待がかかっていました。そんななか昨年末、九州大学の研究チームが、レアメタルを使用せずに発光させることを可能にしたOLEDの開発に成功したことが発表されました。この素材の市場への本格参入は2018年と言われていますが、この新素材を用いたOLEDがサムスンやLG、ジャパンディスプレイによって製造されるのではないかと言われています。

実際、新型のOLEDが大量に生産されるようになるとiPhoneXへの搭載はかなり確実なところになります。初代iPhoneの発売から10周年となる今年、満を持してリリースされるiPhoneXで、噂されている通りのフルモデルチェンジが実現されるのであれば、軽量化に大いに貢献するOLEDの搭載はかかせないものとなるのではないでしょうか?

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ