学生にも便利!iPhoneX用カード一体型ケースの種類

カード一体型ケースのメインユーザーは学生などの若い世代だと言われています。学生なら通学などで日常的にICカードを使いますし、コンビニに行く機会も多いのでカードで決済することに慣れているのです。初期のiPhoneシリーズではおサイフケータイに未対応だったため、iPhoneをおサイフケータイがわりにできるカード一体型ケースが非常に重宝されました。果たして、その傾向はiPhoneXになってもつづくのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

デザインいろいろ!学生にいちばん人気のカラーは?

機能面を重視していながらオシャレなデザインにもこだわり、アクセサリーとしての選択肢も広いカード一体型ケース。直近のiPhone7の動向を見ると、ホワイトやブラウンなどの落ち着いたワントーンカラーが安定した人気を保っている一方で、流行に敏感な若い女性にはやや派手な印象のパステルカラーなども好まれるようです。本体とのカラーコーディネートも重要で、同系色で無難にまとめればどんなシチュエーションにも合わせられる落ち着いた印象を与えられますし、あえてiPhone本体と正反対の傾向のカラーを合わせればセンスの目立つ個性的なキャラクターとして意識されるかもしれません。

買い物に便利な一体型ケース!気になる保護性能は?

機能性ばかりがクローズアップされがちなカード一体型ケースですが、保護アクセサリーである以上、端末をどの程度守れるか、というのも無視できない評価基準になります。ICカードの挿入を前提としている分、本体背面の防御性についてはハードケースやソフトケース、タフネスケースなどと比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、側面についてはしっかりと保護することができ、「一体型ケースだから極端に壊れにくい」ということはないと考えられます。ただ、現在までのシリーズでは防水性についても保証されていないため、水濡れや水没がどうしても心配という方は防水機能の強化されたiPhone端末を購入すると安心です。

結局、どのICカードがいちばん便利なの?

アプリをインストールしなくてもiPhoneXをおサイフケータイがわりにできるカード一体型ケース。iPhoneXの購入をきっかけにICカードデビューする、というユーザーも多いのではないでしょうか。日本国内では現在、さまざまな種類のICカードが出まわっています。もちろん、ユーザーとしては利用範囲の広いカードをもっておきたいところですよね。ポイントなどをとくに意識しないのであれば、セルフチャージ式のSuicaがおすすめです。決済に使えるお店も多く、クレジット機能をつけていなければ万一紛失した場合でも被害を最小限にとどめることができます。便利なカードは今後も続々と発表されますから、それぞれのカードの特徴とメリットを慎重に吟味したうえで、自分にとって使いやすいサービスをかしこく選択しましょう。

iPhoneがまだおサイフケータイに対応していなかった頃、カード一体型ケースは画期的なアイディアでした。デザイン性にもすぐれ、アクセサリーとしての価値も高い一体型ケースは日頃からICカードを使う機会の多い学生だけでなく、ビジネスマンや若い女性にも広く利用されるようになりました。その傾向はiPhoneX以降おサイフケータイに対応するようになっても変わらないと見られています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ