iPhoneXの防水ケースにはどれくらい種類があるのか

今や、携帯端末の新モデルに防水機能が搭載されるのは当たり前の時代になってきました。それも、「ちょっとした水濡れから端末を守る」というレベルではなく、お湯を張った浴槽にiPhoneを落としてしまってもほとんど故障しないというのですから驚きです。完全防水機能がついているからこそ、お気に入りのiPhoneXで入浴中にのんびり動画や読書を楽しむ、という使い方も可能になっているのです。飲み物をうっかりこぼしてしまっても、完全防水機能つきのiPhoneXなら故障をそこまで心配する必要もありません。最新モデルの防水ケースのスペックについて、現時点でまとめられているリーク情報にもとづいて分析していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

防水以外は考えられない!iPhoneXはここまで水に強くなる!

ガラケー時代は、「ケータイは水濡れ厳禁!」が当たり前の常識でしたが、iPhoneXではそろそろそれも時代遅れになりつつあります。今や、iPhone端末と防水機能は当然のようにワンセットとして考えられており、防水のさらにその先の「完全防水端末」さえもめずらしくない時代に突入しています。iPhoneXの防水性をさらに高めるのが防水ケースの役割です。もともと水に強い防水端末に防水ケースを組み合わせることにより相乗効果が期待でき、完璧な水濡れ対策が実現できるのです。保護アクセサリーとしての性能はすでに保証されており、日常生活で予測されうるレベルの水濡れではまず故障しない水準まで到達していると言われています。

完全防水端末に防水ケースを組み合わせる意味

防水機能つきのiPhoneXと、防水ケース。どちらか一方のアクセサリーを購入しているユーザーは多くても、このふたつを組み合わせているユーザーはまだまだめずらしいかもしれません。ここ数年はiPhoneの防水機能も飛躍的に進歩していますから、防水ケースをあえて併用する必要はないのでは……というのも自然な疑問ではありますが、決して、「防水機能だけで充分!」というわけではないのです。実際、単純な水濡れや水没によって故障するケースは少ないそうです、本当の意味でiPhone端末にダメージを与えるのは実はジュースなどにふくまれる糖分であり、糖分こそがiPhone故障の最たる原因とも言われています。普通の水には比較的耐性のあるiPhoneXでも粘着性がありなおかつかわきにくいジュースなどには決定的に弱いということが指摘されており、液晶画面にわずかにジュースをこぼすだけでも故障の原因になり得ます。これは、糖分をふくんだジュースが時間をかけてiPhone内部にしみこんでいくためで、普通の水のように短時間で蒸発せず、いつまでも半永久的にとどまってしまい結果的に機能異常を引き起こします。糖分による故障をふせぐにはまず、あらゆる水分をシャットアウトすることです。そのためのアクセサリーとしては防水ケースが最適な選択肢であり、必然のチョイスとなるのです。

iPhoneXの防水機能だけでは水濡れによる故障を完全にふせぐことはできません。良質な防水ケースと組み合わせることによってはじめて故障リスクをゼロに近づけることができ、「iPhoneXを守った」ということになるのです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ
iPhone8はいくらで買える?気になる実売価格予想!

いよいよ発売となる見通しのiPhone8。ユーザーとしてはやはり、「一体いくらで買えるのか?」ということが何よりもまず気になるところではないでしょうか。過去シリーズでも史上最高と言われるほどの高機能化による生産コストの増加もうわさされていますが、実売価格はどのあたりに落ち着くのでしょうか。専門家の見通しの参考にまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ストレージ容量でも変わるiPhone8の実売価格

iPhone8の価格はストレージの容量によっても変わります。最新の情報によると、iPhone8の実売価格は64GB版で約870ドル(9.5万円)、128GB版で約999ドル(11万円)、最も大容量の256GB版で約1,050ドル(12万円)になるだろうと予測されています。数字だけならべるといささか高額に思われるかもしれませんが、iPhone7の日本国内での実売価格が256GB版でおよそ11万円だったことから、それほど極端に手をのばしにくい価格設定ではないとも言えます。

ライフスタイルに合わせてストレージ容量を選ぼう

前述した通り、iPhone8の価格はひとつではありません。ユーザーとしてはまず「何のためにiPhoneを使うのか」をよく考えたうえで、無駄のないストレージ容量を選択する必要があります。言い換えれば、使用目的がきちんとわかっていれば、いくらのiPhone8を買うべきかは自然に決まってくるということです。完全なるプライベート用で、なおかつ動画やゲームを長時間楽しむのでなければ最小の64GBでも充分に使えますし、ビジネスなどで連日大量の動画データを送受信する必要がある人には大容量の256GBが最適であると言えます。64GBと256GBでは大ざっぱに言っても4倍もの開きがありますから、購入にあたっては自分がひと月にいくらのデータ通信量を使っているかを把握しておき、それに若干の余裕をもたせたストレージを選んでおくと快適に使うことができます。

待望のiPhone新シリーズ!いくらまでなら買う?

iPhone8ではすでに推測の価格帯が発表され、日本円にしておよそ9万円~12万円の間に落ち着くだろうと見られています。決して安い価格とは言えませんが、スペックの高さや充実の新機能を考えると、このあたりの価格設定はやむを得ないとも言えます。iPhone8はAppleにとっても記念となるモデルであり、「20万円でも高くない!」と語るマニアもいるほどです。

高機能化による生産コスト増大の関係で極端な値上がりも懸念されていたiPhone8ですが、実際には日本円で9万円~12万円の間になるだろうという見通しが立てられています。ガラケーと比べればやはりまだまだ割高ではありますが、この価格で充実の新機能が体感できるのならむしろ割安と見るユーザーも少なくないそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ