iPhoneXはなんとボディがガラス製?!なんと製造元が明かす?

その美しい鮮やかな色のボディでSNSなどで大きな話題を呼んだ赤いiPhone「(PRODUCT)RED Special Edition」を発売したばかりのApple社、今秋のiPhoneXの発売が待たれるところですが、どんなバリエーションで登場するのか、すでに期待が高まっています。


iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhoneX予測情報 >  iPhoneXはなんとボディがガラス製?!なんと製造元が明かす?

Apple社の主要サプライヤー代表が明かした内容とは?

今までiPhone等の金属製ボディの製造を手掛けている台湾のメーカー(Catcher Technology社)のCEOであるAllen Horng氏、彼は2017年に発売されるiPhoneXでは、いくつかのモデルのうちの一つにはガラス性のボディを採用すると、同社の株主総会後にコメントを残しました。Catcher Technology社はiPhone等の製品の金属製筐体の製造を手掛けるApple社の主要なサプライヤーのひとつです。Allen Horng氏はさらに「ガラスケースが採用されても、最先端かつ耐性のあるメタルフレームは必要とされるし、最新モデル以下の価格にはならないだろう」とコメントし、iPhoneXのボディへのガラス素材採用によって同社の収益がダメージを受けることはないだろうと語りました。ちなみに、Apple社の主要サプライヤーから流出したこの情報は、今まで様々なところで囁かれてきた噂とも符合しており、そのため大きな意味あいを持ちます。

iPhoneXのボディがガラス製になる理由?

iPhoneXが発売される2017年は、初代iPhoneの発売から10周年となるアニバーサリーイヤーとなるため、大幅なデザイン変更が行われるのではないかと噂されています。先日Apple製品に通じている香港のKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhoneXのボディはガラス製になるだろうとの予測を発表しました。ガラス素材の製品についてはiPhone4/4sが思いだされます。ただし、この製品にはデザインの美しさの反面にガラス製ゆえの割れやすさという弱点があり、持ち運びを前提とするスマートフォン市場では好評とはいえませんでした。しかし、先ごろApple製品をはじめとするスマートフォン業界へスクリーン等に用いられるゴリラガラスを製造、提供しているコーニング社が、強度・耐性がより高いうえに、写真等画像のプリントが可能な新型のゴリラガラスの開発に成功したと発表しました。この新型のゴリラガラスの登場により、今まで強度の問題からアルミニウム製だったボディを、ガラス製に素材変更する可能性が高まっています。鮮やかな色彩の発色を実現できるこのガラスをボディに採用することで、iPhoneXではカラーバリエーションが豊富になるのではとの期待も高まります。

IT業界に詳しいアナリストは、スマートフォン市場は世界的に飽和状態であると指摘しています。これについて米国のギズモード、Mario Aguilar氏は「美しいアート作品であるApple製品をみんながコピーしたくなった。ガラスとアルミニウムでできたその傑作を明らかにモデルにしたと思われる端末が次々と販売されている」と見解を述べています。そういった状況の市場でApple社がトップポジションをキープし続けるために必要な要素は、なんといってもデザイン。だからこそ、iPhoneにとって節目となる2017年に発売されるモデル(iPhoneX)では新型素材を採用し、従来にない斬新なデザインでのフルモデルチェンジで、競合他社からの差別化をはかりたいというところではないでしょうか?

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ