iPhoneXでタッチペンを使うメリット

タッチペンの本格導入によって、「iPhoneを指で操作するなんて古い!」と言われる時代がくるかもしれません。シリーズ節目のモデルとなるiPhoneXでタッチペンが実装されることは、iPhoneシリーズの歴史を大きく変えるひとつの転換点であり、今後のiPhoneシリーズの方向性を左右する試金石とも言えるのです。アクセサリーとしてタッチペンを使うポイントについてシチュエーションごとにまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXでようやくタッチペン実装が検討された背景とは

iPhoneXでのタッチペン実装については「グッドタイミング!」と見るユーザーがいる一方で、「遅すぎた」と評価するユーザーもいるようです。これほどまでに評価が分かれる背景には、初期のiPhoneシリーズから受け継がれた、スティーブ・ジョブズ氏の哲学があります。シンプルなアイディアを何よりも重要視したジョブズ氏はiPhoneに無駄なアクセサリーが付属されることを嫌い、タッチペンの導入にも決して積極的ではありませんでした。そもそも、iPhoneシリーズはそれ以前のタッチペン操作から脱却したモデルなのですから、あえてタッチペンを実装しようとしないのもある意味では当然のことです。iPhoneXにおけるタッチペンの導入は、あえて深読みするならば「ジョブズ氏の哲学からの脱却」ととらえることができ、そうした観点からも今回のiPhone戦略の動向が大いに注目されているのです。

障害のある人にも便利!タッチペンで快適な筆談を

タッチペンによる画面操作が実現すれば、障害のある人にとっても便利なツールになるかもしれません。耳の不自由な人にとって筆談は重要なコミュニケーション手段ですが、タッチペンを使ってiPhoneの画面上で文字を書くことができれば、紙の筆談ボードをわざわざ持ち歩く必要もなくなりますし、書いた文字を保存することも可能です。普段よく使うフレーズをいくつかストックしておけば、外出先でもワンタッチで必要なフレーズを表示させることができ、緊急時のコミュニケーションにも役立ちます。音声読み上げアプリと連動させることができれば、たとえば保存したフレーズをなめらかな音声で再生することによってある程度距離の離れた相手に意志を伝える、というようなことも充分可能になるでしょう。

一般ユーザーが新型タッチペンに望むこと

かなり大々的に発表されているiPhoneXでのタッチペン実装ですが、一般ユーザーとしては期待半分、不安半分というのが正直なところのようです。タブレット端末ですでに実装されているタッチペンを見ると、「操作性は悪くないけれどアクセサリーとしてのデザインが今ひとつ」という声が意外に多いようで、それらのニーズが新型タッチペンでどの程度反映されるのかは未知数です。オーディオの付属機器のデザインでも少しばかり迷走がつづいているiPhoneシリーズですから、今はとにかく、ユーザーの不安が現実にならないことを祈るしかありません。

iPhoneXで実装予定の新型タッチペンは、iPhoneシリーズの可能性をさらに広げるアクセサリーとして期待されています。デザイン面での改良点はまだいろいろと残されているようですが、新感覚のタッチペンを1日でも早く体感してみたいところです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ