どれだけ話しても大丈夫!iPhoneXは連続通話がなんと【21時間】も続く!

今回のモデルチェンジでもっとも気になるのは端末の連続通話時間ですよね。直近のiPhone7では他の機種と比べてバッテリー容量がちいさく、連続通話時間もみじかくなっていると評判でしたが、iPhoneXではどの程度まで連続通話が可能になっているのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

1日中しゃべっても大丈夫!iPhoneXの驚異の連続通話時間

事前リーク情報の段階でも、iPhoneXの連続通話時間はシリーズ史上最長のレベルにまで引き上げられると見られていました。これは明らかに、「バッテリー容量がちいさい」とされてきたiPhone7の弱点を強く意識したものであり、Appleにとってはある意味での雪辱戦であるとのとらえ方もできます。iPhoneXでは最長で21時間の連続通話が可能になっていると言われており、理論上は朝起きてから夜寝るまで同じ相手と通話しつづけてもバッテリー切れにならないことを意味しています。もちろん、実際にはそれほど極端な長電話をする人はいないと思いますが、それだけバッテリー容量が大きくなっているということですから、通話だけでなくフルスペックの動画なども1日中楽しめるようになります。

購入前にぜひ伝えたい!連続通話時間の本当の意味

iPhoneXでは最長21時間の連続通話が実現したと言われています。しかしながら、この数字はあくまでも理論値であり、個々の端末の性能は室温や季節、使用状態によっても大きく左右されるため21時間よりも通話時間がみじかくなるのが普通です。バッテリー性能が劣化すればそれだけ連続通話時間も短縮されるため、過充電などをさけ、バッテリーをなるべく長持ちさせる工夫をつづけましょう。

シリーズ史上最長の連続通話を実現する大容量バッテリー

端末のスリム化をはかるためあえてバッテリーの小型化を試みたiPhone7は、残念ながらバッテリー性能だけで見ればユーザーの期待を裏切る結果になったようです。iPhoneXではその教訓をふまえてバッテリー容量を大幅に増やし、連続21時間という驚異の通話時間を実現しています。iPhone7用にモバイルバッテリーを持ち歩いていた人もiPhoneXからはその必要がなくなり、最新モデルのスペックをよりシンプルなかたちで堪能できると期待されています。

21時間という連続通話時間は、iPhoneシリーズにおいても最長のレベルです。しかしながら、本当の意味で注目すべきなのは連続通話時間ではなく、それだけの長さを実現した大容量バッテリーのスペックであり、そのテクノロジーは今後のiPhoneシリーズでも中核となっていくと見られています。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ